野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ
ゴーヤー【地植え】

監修:広島市植物公園 島田有紀子

ゴーヤー【地植え】写真

 別名ニガウリ、ツルレイシともいわれるつる性の1年草です。沖縄の伝統野菜でしたが、今や、独特の苦味成分が夏バテ防止によいと、全国的に愛される野菜になりました。  暑さと強い日ざしに強く、日よけを目的とした緑のカーテンには最適の植物です。ほかに、棚栽培もでき、アーチ支柱を利用すればトンネル風に仕立てることができます。たわわにぶら下がる果実の下を通るのが楽しくなります。

基本情報

  • 科名属名:ウリ科ツルレイシ属
  • 原産地:熱帯アジア
  • 分類:一年草,半耐寒性,つる性
  • 栽培のスタート:苗から
  • 日照条件:日なた
  • 生育適温:20~30℃
  • 水やり:土が乾いたら鉢底から流れ出してくるまでたっぷり与える
  • 特徴:種から育てる場合、発芽最適温度(地温)が25~28℃と高いので、関東地方を基準とした場合、5月に入ってからがよい。5月に入っても地温が25度に満たない冷涼な地域は、タネからではなく苗から育てるのが無難
  • 樹高:つる性(3m以上)
  • 種まき期:4月中旬~6月
  • 植えつけ期:5月上旬~6月中旬
  • 開花期 6月下旬~8月上旬
  • 収穫期 7月中旬~10月上旬
  • 開花から収穫までの期間 開花から3~4週間後
監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

contents