肥料を植物に与え元気に育てる!肥料ナビ

植物を元気に育てる肥料とは

動物も植物も生きるためには栄養の補給が必要です。動物は栄養の補給を主に食べ物を摂取することで行います。一方、植物は光合成を行い、水と二酸化炭素から炭水化物を作り出します。さらに、それ以外の植物体を構成する養分(アミノ酸の原料となるチッ素や、その他のミネラル成分)は主に土壌中に含まれているものを根から吸収します。この養分を人の手で補うものが「肥料」です。

まめ知識

肥料成分とは違いますが、ビタミン類を植物に与えると、生育がよくなったり悪い生育環境のもとでも耐えられることが確かめられています。特にビタミンB1は葉面散布でも効果があり、吸収されたビタミンB1は生育の盛んな所に集まり、細根の発生や伸長に効果を上げます。また、光合成量も増加し、生育全体がよくなります。開花時期も早くなったり、開花数、結実数の増加も見られます。花工場原液には各種ビタミンが含まれています。

チッ素・リン酸・カリのイラスト

contents