殺菌剤すぐれた効きめの総合殺菌剤

STダコニール1000

  • 草花
  • 観葉
  • 花木
  • 庭木
  • 野菜
  • ハーブ
  • 果樹
  • 芝生

すぐれた効きめの総合殺菌剤

容量30ml
JANコード4975292051015
オンラインショップで購入
殺虫成分の作用性 速効性 持続性
殺菌成分の作用性 予防効果 治療効果
有効成分TPN
薬剤登録農林水産省登録第21759号
性状類白色水和性粘稠懸濁液体
剤型フロアブル剤

シュリンクフィルム内装。

商品特長

  • 草花、野菜、果樹など様々な植物で、かび類(糸状菌)によって起こり、特にもち病や炭そ病、斑点病など葉が変色するタイプの広範囲の病気に効果がある優れた園芸用の総合殺菌剤です。
  • 耐光性、耐雨性に優れ、病気から植物を守る残効性があります。また各種病原菌に対しても抵抗性がつきにくい、優れた効果の保護殺菌剤です。
  • 計量が手軽に行えるフロアブルタイプで、散布後の葉の汚れも少ないです。

使用方法

水でうすめて散布

効果のある病気・害虫・小動物

病気

うどんこ病」、「立枯病」、「斑点性の病気」、「疫病」、白色疫病、「つる枯病」、すす斑病、ごま色斑点病、べと病、黄斑病、夏疫病、褐色斑点病、褐斑病、黒枯病、「黒星病」、白星病、白かび斑点病、黒斑病、黒点病、炭そ病、萎縮炭そ病、白斑病、白斑葉枯病、斑点病、斑点病(株枯症)、斑点落葉病、葉枯病、円斑病、輪斑病、輪紋病)、「もち病」、「灰色かび病」、「苗立枯病」(リゾクトニア菌・リゾーブス菌)、葉すす病、すすかび病、すそ枯病、ヘルミントスポリウム葉枯病、モニリア病、果実軟腐病、灰星病、褐色円星病、茎枯病、黒葉枯病、黒葉腐病、黒かび病、小菌核腐敗病、新梢枯死症(輪斑病菌による)、「さび病」、白さび病、網もち病、紋枯病、葉かび病、「葉枯病」、葉渋病、葉腐病(ブラウンパッチ)、ワッカ症、ビッグベイン病、ステムフィリウム葉枯症、根こぶ病、根朽病

対象作物

草花

花き類・観葉植物、きく、ゆり、チューリップ、宿根アスター、カーネーション、りんどう、芝

花木・庭木

つつじ類、ばら、しきみ

野菜

トマト、ミニトマト、きゅうり、なす、オクラ、ズッキーニ、ピーマン、かぼちゃ、すいか、メロン、にがうり、うり類(漬物用)、ゆうがお、なばな類、なばな、 ひろしまな、キャベツ、はくさい、ブロッコリー、だいこん、にんじん、セルリー、レタス、リーフレタス、しそ、みずな、みつば、アスパラガス、わけぎ、たまねぎ、ねぎ、らっきょう、らっかせい、みょうが(花穂、茎葉)、にんにく、ばれいしょ、しょうが、やまのいも、やまのいも(むかご)、てんさい、食用ぎく、食用ゆり、うど、ふき、稲、みしまさいこ、もりあざみ、しゃくやく(薬用)、カリフラワー

果樹

もも、ネクタリン、いちじく、りんご、なし、かりん、マルメロ、キウイフルーツ、パッションフルーツ、パパイヤ

特用作物

茶、たばこ

適用病害と使用方法

※印は収穫物への残留回避のため、本剤及びTPNを含む農薬の総使用回数の制限を示します。
●散布剤として使用する場合

作物名 適用病害名 希釈倍数 使用液量 使用時期 総使用回数※ 使用方法
ばら 黒星病、うどんこ病 1,000倍 100~300ℓ/10a
(100~300㎖/㎡)
- 6回以内 散布
花き類・観葉植物
(ばらを除く)
うどんこ病
きく 黒斑病、褐斑病
カーネーション、宿根アスター 斑点病
チューリップ 褐色斑鮪
ゆり 葉枯病
りんどう 葉枯病、褐斑病
西洋芝(ベントグラス、バーミューダグラス) ヘルミントスポリウム葉枯病、葉腐病(ブラウンパッチ) 500~750倍 1ℓ/㎡ 発病初期 8回以内
しそ 斑点病(株枯症) 1,000倍 150ℓ/10a
(150㎖/㎡)
収穫前日まで 4回以内 手短散布
散布
なす 黒枯病、灰色かび病、すすかび病、うどんこ病 100~300ℓ/10a
(100~300㎖/㎡)
きゅうり べと病、炭そ病、うどんこ病、黒星病、灰色かび病、褐斑病 本剤:8回以内
TPN: 10回以内
(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内 )
トマト 疫病、輪紋病、葉かび病、炭そ病、灰色かび病、すすかび病、うどんこ病 本剤:4回以内
TPN: 6回以内
(土壌灌注は2回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計4 回以内 )
ミニトマト 2回以内
斑点病
ピーマン 斑点病、うどんこ病、黒枯病、炭そ病 3回以内
オクラ 葉すす病 1,000倍 100~300ℓ/10a
(100~300㎖/㎡)
収穫前日まで 5回以内
レタス すそ枯病、べと病 収穫14日前まで 本剤: 3 回以内
TPN : 5回以内
(土壌灌注は2回以内
散布は3回以内 )
リーフレタス 帷21日前まで 2回以内
なばな類(なばな槐く) 白さび病、べと病、白斑病、黒斑病 収穫60日前まで 3回以内
なばな 出蓄前但し収穫21日前まで
ひろしまな 白斑病 収穫28日前まで 2回以内
キャベツ べと病、根朽病 収穫14日前まで 本剤: 2回以内
TPN : 3回以内
(は種又は定植前の土壌混和は1回以内、散布及びエアゾル剤の噴射は合計2 回以内)
はくさい 白斑病、べと病、 黒斑病、白さび病 収穫7日前まで 本剤: 2 回以内
TPN : 3回以内
(は種又は定植前の土壌混和は1 回以内、散布は2 回以内)
ブロッコリー べと病 出蕾前但し、収穫21日前まで 本剤: 2回以内
TPN : 3回以内
(土壌灌注は1回以内、散布は2回以内)
カリフラワー 出蕾前但し、収穫14日前まで 3回以内
だいこん 白さび病、ワツカ症、白斑病、炭そ病 収穫45日前まで
しょうが 紋枯病、白星病 収穫14日前まで 5回以内
みょうが(花穂) 葉枯病、紋枯病 4回以内
みょうが(茎葉) みょうが(花穂)の収穫14日前まで但し花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで
らっかせい 褐斑病 500倍 収穫14日前まで
ねぎ 黒斑病、べと病、小菌核腐敗病、葉枯病、さび病 1,000倍 本剤: 3 回以内
TPN:4回以内
(土壌灌注は1回以内、散布は3回以内)
わけぎ 本剤: 2回以内
TPN:3回以内
(土壌灌注は1回以内、散布は2 回以内)
らっきょう 灰色かび病 3回以内
たまねぎ べと病、灰色か鵬、白色鸚 収穫7日前まで 6回以内
にんにく 葉枯病、黄斑病、白斑葉枯病、さび病 1,000倍 100~300ℓ/10a
(100~300㎖/㎡)
収穫7日前まで 6回以内 散布
にんじん 黒葉枯病 本剤: 5回以内
TPN:5回以内
(種子への吹き付け処理1回以内)
ばれいしょ 疫病 500~1,000倍 5回以内
夏疫病 1,000倍
うり類(漬物用、ただし、ゆうがおを除く) 炭そ病、うどんこ病、べと病、つる枯病 収穫前日まで 4回以内
にがうり 炭そ病、うどんこ病、べと病、斑点病、つる枯病
ゆうがお 炭そ病、うどんこ病、べと病 5回以内
かぼちゃ べと病、白斑病、うどんこ病 収穫7日前まで 3回以内
ズッキーニ うどんこ病 収穫前日まで
すいか 炭そ病 700倍 収穫3日前まで 5回以内
つる枯病 700~1,000倍
メロン うどんこ病 700倍
べと病 700~1,000倍
つる枯病 1,000倍
セルリー 斑点病、萎縮炭そ病 収穫21日前まで 2回以内
やまのいも 炭そ病、葉渋病、つる枯病 収穫30日前まで 6回以内
やまのいも(むかご) 収穫45日前まで
アスパラガス 茎枯病、斑点病、褐斑病、疫病 100~400ℓ/10a
(100~400 ㎖/㎡)
収穫前日前まで 4回以内
みつば べと病 100~300ℓ/10a
(100~300 ㎖/㎡)
根株養成期
但し帷75日前まで
3回以内
うど 黒斑病 根株養成期但し収穫200 日前まで
ふき 灰色かび病 収穫21日前まで 2回以内
しゃくやく(薬用) うどんこ病 収穫45日前まで 3回以内
みしまさいこ 炭そ病 800倍 収穫30日前まで
食用ぎく 褐斑病 1,000倍 4回以内
食用ゆり 葉枯病 収穫14日前まで 6回以内
てんさい 褐斑病 収穫45日前まで 3回以内
りんご 斑点落葉病、モニリア病、黒星病 200~700ℓ/10a
(200~700 ㎖/㎡)
なし 黒斑病、黒星病 1,000倍 200~700ℓ/10a
(200~700 ㎖/㎡)
収穫45日前まで 本剤:3回以内
TPN:3回以内
(休眠期は1回以内)
散布
もも 灰星病、黒星病 収穫前日まで 6回以内
ネクタリン 2回以内
いちじく 疫病、黒葉枯病、黒かび病 2,000倍
パパイヤ 炭そ病 1,000倍 5回以内
キウイフルーツ 果実軟腐病 500~1,000倍 収穫60日前まで 7回以内
すす斑病 500 倍
パッションフルーツ 円斑病、疫病 1,000倍 収穫14日前まで 3回以内
かりん 黒点病、ごま色斑点病、白かび斑点病 収穫45日前まで
マルメロ ごま色斑点病 収穫30日前まで 4回以内
もち病、炭そ病、輪斑病、新梢枯死症( 輪斑病菌による) 700~1,000倍 200~400ℓ/10a
(200~400㎖/㎡)
摘採10日前まで 1回
網もち病、褐色円星病 1,000倍
黒葉腐病、灰色かび病 700倍
もりあざみ ステムフィリウム葉枯症 1,000倍 100~300ℓ/10a
(100~300 ㎖/㎡)
収穫30日前まで 3回以内
たばこ うどんこ病 700~1,000倍 25~150ℓ/10a
(25~150 ㎖/㎡)
- 2回以内
しきみ 炭そ病 1,000倍 200~700ℓ/10a
(200~700 ㎖/㎡)
6回以内
つつじ類 褐斑病

●土壌灌注として使用する場合

作物名 適用病害名 希釈倍数 使用液量 使用時期※ 総使用回数※ 使用方法
レタス ビッグベイン病 1,000倍 1.5~3ℓ/㎡ 収穫42日前まで 本剤:2 回以内
TPN:5 回以内
(散布は3 回以内、土壌灌注は2 回以内)
土壌濯注
ブロッコリー 根こぶ病 3ℓ/㎡ 定植時 本剤:1 回
TPN:3 回以内
(散布は2 回以内、土壌灌注は1 回以内)
ねぎ 苗立枯病
(リソクトニア菌)
500倍 0.5ℓ/㎡ 出芽揃い後(出芽3日後から10日後まで) 本剤:1 回
TPN:4回以内(土壌灌注は1回以内、散布は3回以内)
土壌濯注
わけぎ 本剤:1回
TPN:3回以内(土壌灌注は1回以内、散布は2回以内)
みずな 立枯病 1,000倍 3ℓ/㎡ は種時 1回

(箱育苗)
苗立枯病
(リソープス菌)
500~1,000倍 育苗箱(30×60×3 ㎝、使用土壌約5⒧)
1箱当り希釈液500㎖
は種時から緑化期但し、は種14日後まで 2回以内
1,000~
2,00(玲
育苗箱(30×60×3㎝、使用土壌約5⒧)
1箱当り希釈液1⒧
きゅうり 苗立枯病
(リソクトニア菌)
1,000倍 3ℓ/㎡ は種時又は活着後
(但し、定植14日後まで)
本剤: 2 回以内
TPN:10 回以内
(土壌灌注は2 回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内)
トマト 本剤: 2 回以内
TPN:10 回以内
(土壌灌注は2 回以内、散布及びくん煙及びエアゾル剤の噴射は合計8回以内)

③種子消毒として使う場合

作物名 適用病害名 希釈倍数 使用液量 使用時期 総使用回数※ 使用方法
にんじん 黒葉枯病 12倍 乾燥種子1㎏
当り60 ㎖
は種前 本剤:1回
TPN:5 回以内
(種子への吹き付け処理は1 回以内)
吹き付け処理
(種子消毒機使用)
  • 2016年9月21日付:アスパラガスの変更、つつじ類の追加。
  • 2016年7月20日付:ミニトマト、茶の変更。
  • 2015年6月24日付:オクラの追加。キャベツ、たまねぎ、セルリー、いちじく、茶の変更。
  • 2014年7月23日付:ミニトマト、ねぎ、わけぎ、にんにくの変更
  • 2013年3月27日付:花き類・観葉植物の追加。いちじく、キャベツの変更
  • 2009年8月5日付:なばなの使用時期変更
  • 2009年6月10日付:トマト、ミニトマト、ピーマン、しきみの変更
  • 2008年2月6日付:トマト、ミニトマト、ピーマン、ねぎ、わけぎの変更
  • 2007年4月4日付:きゅうり、はくさい、稲(箱育苗)の変更

効果・薬害等の注意

①使用直前に、容器をよく振ってください。
②石灰硫黄合剤との混用はさけてください。
③花き類に使用する場合、花弁に薬液が付着しますと漂白・退色などによる斑点を生じる場合がありますので、着色期以降の散布はさけてください。
④花き類に使用する場合、薬液による汚れが生じるおそれがありますので、収穫間際の散布は避けてください。
⑤しそに使用する場合、薬液による汚れが生じるおそれがありますので、葉にかからないように株元に散布してください。
⑥レタスに使用する場合、生育遅延のおそれがあるので高温期の灌注は避けてください。
⑦芝に使用する場合、夏期高温時の散布、特に暖地では葉に薬害(黄変または褐変)を生ずることがありますので注意してください。
⑧りんごに使用する場合、次の事項に注意してください。
 ●ゴールデンの後代品種(つがる、世界一、ジョナゴールド等)には、葉に薬害を生じますので使用しないでください。
 ●本剤の散布により、サビ果が多くなるおそれがありますので、落花後20日間は散布しないでください。
⑨なしに使用する場合、二十世紀以外の品種には葉に薬害を生じますので使用しないでください。また、二十世紀であっても7月以前に使用すると葉に薬害を生じますので、7月以降に使用してください。
⑩有袋栽培のももの場合、除袋直後の散布は果面に日焼け症状が出るおそれがありますのでさけてください。
⑪いちじくに使用する場合、果実に薬害が発生するおそれがありますので、果実肥大期の初期あるいは夏期高温時の散布はさけてください。
⑫ねぎ及びわけぎに土壌灌注として使う場合、は種時から出芽直後の処理においては生育抑制のおそれがありますので注意してください。
⑬ストレプトマイシン剤及びホセチル剤と混用する場合、必ず本剤を先に所定の濃度に希釈してからそれぞれの剤を加えてください。
⑭本剤の使用に当っては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。
⑮稲(箱育苗)に使用する場合、次の事項に注意してください。
 ●薬害のおそれがありますのでヒドロキシイソキサゾール剤(但し、ヒドロキシイソキサゾール・メタラキシル剤は除く)との同時施用及び近接処理はさけてください。
 ●緑化期に使用する場合、発病後の処理では効果が劣ることがありますので注意してください。
 ●育苗箱から希釈液が漏出しないように注意してください。
⑯適用作物群に属する作物またはその新品種にはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

マスク着用  防除衣着用  カブレ注意

①誤飲のないように注意してください。
②本剤は眼に対して刺激性がありますので、眼に入らないように注意してください。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。
③本剤は皮ふに対して刺激性がありますので、皮ふに付着しないよう注意してください。付着した場合は直ちに石けんで、よく洗い落としてください。
④夏期高温時の使用を避けてください。
⑤かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した作物との接触を避けてください。
⑥散布の際は農薬用マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用してください。作業後は直ちに身体を洗い流し、洗顔・うがいをするとともに衣服を交換してください。作業時に着用していた衣服等は他のものと分けて洗濯してください。
⑦街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲や立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
⑧蚕に対して影響がありますので、周辺の桑葉にかからないようにしてください。

魚毒性: 魚介類注意
①水産動植物(魚類)に強い影響を及ぼす恐れがありますので、河川、湖沼及び海域等に飛散・流入しないよう注意して使用してください。養殖池周辺での
使用はさけてください。
②水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、本剤を使用した苗は養魚田に移植しないでください。
③移植後は河川、養殖池等に流入しないよう水管理に注意してください。
④水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼす恐れがありますので、河川、養殖池等に飛散・流入しないよう注意して使用してください。
⑤使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使い切ってください。散布器具及び容器の洗浄水は河川等に流さないでください。また、空容器等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

関連資料

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。