チッ素(N)

写真提供:渡辺和彦

植物体内での働き

チッ素(N)はアミノ酸やタンパク質などに含まれ、生物にとって大変重要な成分です。植物では葉の緑色を良くする働きがあります。また各種アミノ酸、タンパク質を構成する主要な成分なので実、葉、茎、根など植物体全体の生育を促進する働きもあります。通常、植物を栽培する場合は必ず肥料として必要になる「三大要素」のひとつです。

欠乏症

葉(主に古葉・下葉)が黄色くなります。また全体的に生育が悪く、株が貧弱になります下葉の黄化や実が成りにくいなどの症状があらわれます。

過剰症

葉は増え過ぎ、色も濃くなり過ぎます。逆に花や実はつきにくくなります。全体的に株が大きく育ちますが、軟弱な状態になるため、病害虫の被害が発生しやすくなります。特にチッ素は「ぜいたく吸収」と言い、あればあるだけ吸収してしまう成分なので、肥料のやり過ぎには特に注意が必要です。