住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

うどんこ病

有効な薬剤


キュウリ

イチゴ

バラ

モミジ

発生時期

4~11月(5~7月、9~10月に多く発生)

寄生植物

草花、野菜、樹木などほとんどすべての植物

被害症状

なんとなく全体がうっすら白くなり、次第に濃くなりうどん粉をまぶしたようになる症状が葉や花首に発生します。葉の表面が覆われると光合成が阻害されたり、葉から栄養を吸収されるので生育不良になり、花が咲かない、野菜では食味が低下する、果実が肥大しない、ひどい場合には枯死するなどの被害があります。

発生の特徴

胞子が風で運ばれ、若い葉や枝、花首、蕾に寄生し、多くの植物に発生します。うどんこ病には多くの種類があり、中には色々な植物に寄生する種類もいますが、主にはそれぞれ違う植物に寄生します。例えば、バラのうどんこ病はバラにしか発生しません。もう一つの特徴としてうどんこ病は生きている植物にしか寄生しません。しかも植物体表面でしか繁殖することができないので菌糸や胞子が繁殖するところが見え、発病の初期でも肉眼で見つけることができます。比較的高温で湿度が低いと繁殖しやすくなるので、晩春から秋にかけて発生しやすく、特に風通しの悪いところなどでは多発します。逆に雨が続くようなときには発生が少なくなります。

防除方法

バラは、手軽に使えるエアゾール剤では殺虫殺菌剤のベニカX、オルトランCやベニカDX、殺虫殺菌スプレー剤のベニカXスプレー、ベニカXファインスプレーが効果的です。うどんこ病は葉の表面で繁殖するので発生初期ならサプロール乳剤、カリグリーンなどの散布も有効です。ただし、葉の養分が吸収されるので、病気が進行している場合は表面の胞子を退治してもその部分は灰色っぽく色が抜けたようになります。また、チッ素過多により植物体が軟弱化している場合なども発生しやすくなるので肥培管理を適切にしてバランスの良い肥料やりを心がけます。

豆知識

うどんこ病は生きた植物にしか寄生しません。すると、冬場植物が枯れているときはどうしているのでしょうか?うどんこ病が発生すると白い粉のように見えますが、これは胞子で、春~秋にかけてつくられ、風などで飛ばされて広がります。実は、冬は胞子をつくらないので肉眼では見えませんが、バラなどの花木や樹木では枝などで、冬には枯れてしまう草花や地上部のなくなる宿根草、野菜などでは付近の雑草などに、それぞれ寄生して越冬します。

有効な薬剤

注意:以下に記載のある薬剤について、作物ごとに使える薬剤が異なります。各薬剤の解説ページにある「対象作物」に目的の作物が含まれていることをご確認ください。また、使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

商品名 剤型 商品の特長
アーリーセーフ 乳剤
ハーブ・野菜の虫と病気にヤシ油生まれの天然由来成分
ベニカDX エアゾール剤
害虫と病気にダブル効果!カイガラムシ防除にも効果的
ベニカX エアゾール剤
害虫と病気にダブル効果!環境、植物、人にやさしいエアスプレー!
モスピラン・トップジンMスプレー スプレー剤
野菜(トマト、きゅうり)・花の虫と病気はおまかせください
オルトランC エアゾール剤
便利な殺虫殺菌剤。家庭園芸の常備薬
ベニカマイルドスプレー スプレー剤
食品成分で病害虫を物理的防除する自然派志向のハンドスプレー
ベニカXファインスプレー スプレー剤
花や緑の虫&病気に! すばやく長く効く(アブラムシで約1ヵ月効果)。葉裏まで浸透し、病気を防除
カリグリーン 水溶剤
環境にやさしい、うどんこ病治療薬
サプロール乳剤 乳剤
黒星病・うどんこ病・さび病に
STダコニール1000 フロアブル剤
広範囲の病気に効く総合殺菌剤
トップジンMスプレー スプレー剤
手軽なスプレータイプの殺菌剤
兼商 モレスタン水和剤 水和剤
庭木・花の「うどんこ病」の予防と治療に効果的
GFベンレート水和剤 水和剤
予防効果と治療効果を兼ね備えた薬剤
ベニカグリーンVスプレー スプレー剤
アオムシ、ケムシやハダニも退治する速効性の野菜&花用殺虫殺菌スプレー
ベニカX乳剤 乳剤
害虫と病気にダブル効果!経済的な希釈タイプ
ベニカXスプレー スプレー剤
害虫と病気にダブル効果!手軽なスプレータイプ
GFモストップジンRスプレー スプレー剤
草花・観葉植物のアブラムシ・ハダニ退治に!野菜(トマト、きゅうり、なす)にも!

ページの先頭へ戻る