住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

カメムシ[吸汁性害虫]

有効な薬剤


ブドウ:ツヤアオカメムシ

キャベツ:ナガメ

ナシ:クサギカメムシ

ナシ:クサギカメムシ(被害)

発生時期

4~10月

寄生植物

草花、野菜、果樹など多くの植物

被害症状

主に果実の被害が目立ちますが、新芽や茎葉も加害します。若い果実では吸汁された部分が凹凸になったり変形したり、落果することもあります。熟した果実ではその部分が腐敗したりし、食べても異臭がします。豆類もよく被害を受け、さやが吸汁されると実の入りが悪くなります。新芽が加害されると茎が曲がる、新葉が奇形になったり、葉が展開してくると穴が開くなどの症状があらわれます。生育も悪くなります。

生態

別名「ヘコキムシ」と呼ばれるように、触れると特有の悪臭を放ちます。種類によって異なりますが、年1~3回程度発生します。秋に成虫が室内に飛び込んでくることがありますが、越冬場所を探しているためであり、普通は落ち葉の下や樹皮下、壁の隙間などで成虫のまま越冬します。春先から活動を始め、成幼虫とも加害します。カメムシの種類は多く、大きさ、形態、体色も様々です。一般的には1cm前後の緑色や茶色系で四角っぽい虫を思い浮かべますが、5mm前後の小さいものや、細長い体型、背中の紋様の美しい種類まで様々です。

防除方法

こまめに観察して、発生が少ない場合は見つけたら箸でつまむなどして取り除きます。薬剤ではベニカ水溶剤が効果的ですが、一度の散布では退治は難しいので、発生に合わせて繰り返し散布します。

豆知識

悪者扱いのカメムシですが、中にはアザミウマやハダニなどの害虫を捕食するヒメハナカメムシ類などもいます。ヒメハナカメムシについては生物農薬として利用するための研究が進んでいます。

有効な薬剤

注意:以下に記載のある薬剤について、作物ごとに使える薬剤が異なります。各薬剤の解説ページにある「対象作物」に目的の作物が含まれていることをご確認ください。また、使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

商品名 剤型 商品の特長
カメムシエアゾール エアゾール剤
天然成分配合で、すばやい効き
ベニカベジフルスプレー スプレー剤
野菜と果樹の害虫退治に
不快害虫エアゾール エアゾール剤
化学殺虫成分を使用していない不快害虫退治用エアゾール
スミチオン乳剤 乳剤
花や庭木類の代表的殺虫剤
スパイダージェット エアゾール剤
クモに巣を張らせない効果が約1~2カ月持続!
ベニカ水溶剤 水溶剤
野菜・果樹・花など幅広い植物に使用できます。アブラムシの殺虫持続効果アップ。家庭菜園や果樹のカメムシにも効く!
ベストガード粒剤 粒剤
アブラムシ・コナジラミ・アザミウマに

ページの先頭へ戻る