住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

ビワ

実が大きくならない、実つきが悪い

着果過多が原因!

 ビワは他の果樹に比べて、花の着きがよいので着果過多になりやすいです。摘果などをしないでそのままにしておくと、実止まりは悪くなり小果になってしまいます。また、毎年それを繰り返すと樹勢も弱まり、隔年結果を起こすようになってしまいます。

 実着きを良くするには摘房、摘花、摘果を以下のようにおこないます。摘房は、開花前に弱い枝や花着きの多い部分の花房を摘み取ります。だいたい樹全体の2分の1くらいを摘房します。摘花は、摘房と同時におこない、花房の中の小花柄を指でかき取ります。茂木(ビワの品種の一つ)では花房中段の3から4小花柄を残します。田中(ビワの品種の一つ)では下から2、3番目の小花柄を残します。摘果は1果房に茂木では3~5果を、田中では1~3果を残します。摘房摘花は10月下旬から11月上旬に、摘果は寒害の恐れがなくなってからがよく、3月下旬から4月上旬におこないます。

実つきが悪い!

 ビワは10度C以下になると花粉がほとんど発芽しません。そのため開花期に10度C以下になる場所では低温に気をつけ、鉢植えなどでは室内に取り込むことも必要です。ただし、ビワの受粉は昆虫の媒介によるので、室内で開花させる場合には人工授粉も必要となります。

 若木は早ければ3年目に伸びた枝の先端に7、8月ごろ花芽が分化し、9月ころには蕾ができます。ですから花芽を良くつけるには6、7月の肥料、水やりを控えめにして新梢の伸びを止めるようにします。

ページの先頭へ戻る