住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

ハイビスカスの育て方

プロフィール
ハイビスカスは、南国のイメージがとても強い花のひとつ。世界には、2000品種を超えるハイビスカスがあるといわれています。花色は、コーラルピンクやピンク、白、薄紫、黄色など多彩です。ハワイアン系の品種は花が大きく、色合いも派手。ハワイアン系に比べると在来種の花は小さく、比較的寒さに強い系統が多くあります。

ハイビスカスの花の名前は、エジプトの美を司る女神である「ヒビス」に由来し、英名では「ヒビスカス」と言います。ハイビスカスの花は、一日で終わってしまいますが、それだけに人の目を魅了する美しさがあります。ちなみにハイビスカスの花言葉は、「常に新しい美」です。

植えつけ

水はけと保水力に富んだ用土に植えつけます。耐寒性が低いので、鉢植えにするのが基本です。植えつけ時には、粒状肥料「マイガーデン植物全般用」を用土に混ぜ、元肥にしましょう。

管理

水やり

気温が上がる生育期は、乾いたらたっぷり水をやります。特に初夏からは生育が旺盛になり、水分を盛んに吸収します。水切れが起こると葉先が枯れたり、せっかくできた蕾が落ちてしまいます。中には枯死する株も見られるので、特に鉢植えのハイビスカスには、水切れさせない管理が必要です。

また、生育が止まる晩秋から早春までの気温の低い時期は、やや水やりを控えて、乾燥気味に栽培します。

肥料

ヤエザクラが開花する頃、ハイビスカスは徐々に新芽や花芽をのばします。この頃に適量の粒状肥料「マイガーデン植物全般用」を根元に施します。その後は液体肥料「花工場原液」の1,000倍液を1週間に1回施します。

置き場所

南国育ちのハイビスカスは、日当たりのよい場所が大好きです。ただし、日本の蒸し暑い気候は少々苦手。夏は風通しのよい場所で管理しましょう。気温が30℃以上になる日は、株が疲れてしまうので、明るい日陰に移動して、株を休ませましょう。

さし木

ハイビスカスの繁殖は、さし木で行います。時期は、6月から7月の梅雨の時期に行います。若くて元気なj茎を切って、さし穂に用いましょう。1カ月ほどで発根します。さし穂には切り口に植物成長調整剤「ルートン」を塗ると発根が促されます。発根後は一回り大きな鉢に植え替えます。

病害虫

温度差が激しい時期に、うどんこ病になることがあるので、殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」、「ベニカXスプレー」、「モレスタン水和剤」で防除します。なるべく風通しのよい場所で管理するようにしましょう。

気温が上がり始めるとアブラムシハダニの被害も目立ってくるので、アブラムシは殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」、「ベニカXスプレー」、殺虫剤「オルトランDX粒剤」で退治します。ハダニは、殺虫剤「バロックフロアブル」、殺虫殺菌剤「アーリーセーフ」で退治します。いずれも予防に努めることが大切です。

ムービー紹介

ビデオは、害虫の生態や寄生植物を広くご紹介するものです。ビデオの中の害虫、寄生植物は、必ずしも植物栽培ナビの害虫、植物とは一致しませんので、ご了承ください。

アブラムシの産子
アブラムシの産子

(2分35秒 WMV形式/8.6MB)

アブラムシの雌の尾部から幼虫が産まれてくる様子を拡大顕微鏡で撮影しています。

アブラムシの天敵
アブラムシの天敵

(2分46秒 WMV形式/9.2MB)

ナナホシテントウの成虫や幼虫、クサカゲロウの幼虫がアブラムシを捕食する様子を拡大顕微鏡で撮影しています。

アブラムシの二次被害
アブラムシの二次被害

(5分26秒 WMV形式/9.1MB)

アブラムシの二次被害として、尾部から出る排泄物がアリを誘引したり、すす病を誘発し、ウイルス病を媒介することを紹介しています。さらに、葉を萎縮させたり、湾曲させ、種類によっては葉に虫こぶ(虫えい)を作るアブラムシもいます。

ページの先頭へ戻る