住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

キュウリの育て方

監修 恵泉女学園大学教授
藤田智

プロフィール

キュウリの原産地は、インド北西ヒマラヤ山麓地帯。栽培の歴史は古く、西アジアではすでに、3,000年以上前から栽培されていた記録があるそうです。中国へは紀元前122年に導入されて広まり、6世紀初頭には広く普及しています。「胡瓜」の名前から、シルクロードから伝播したことがわかります。唐の玄宗皇帝の時代、740年頃には、すでに火室を用いた促成技術が発達し、寒い2月中旬にも生産されていたというからおどろきです。日本へは、マクワウリに続いて10世紀より前に伝来。『本草和名』(918年)にも「胡瓜」の名が見られます。

キュウリの生育適温は18~28℃で、冷涼な気候を好みますが、霜には弱いため、10~12℃以下では生育しません。また、キュウリは発芽から収穫までおよそ60日と、果菜類のなかでも短いのが特徴です。さらに、開花から7日程度が収穫時期のため、この適期を逃さないようどんどん実を収穫することが大切です。

 野菜の育て方の栽培暦は以下の地域区分で紹介しています。

中間地  新潟を除く関東甲信越、中部、東海、近畿、
 中国地方、石川県と富山県を除く北陸地方
寒冷地  北海道、東北地方、新潟県、富山県、
 石川県と高冷地
暖 地  四国、九州、沖縄県

 上記の地域区分は目安です。それぞれの地域でも標高や地形、年次変動によって気候条件は変わります。住んでいる地域の気候条件に合わせて栽培して下さい。



作型や品種の特徴

 家庭菜園向きの品種には、耐病性のある‘つばさ'、おう盛に育ち、耐暑性にも優れるうえ、収穫量も豊富な‘北進'、耐暑性に優れ、美しい実をつける‘南進'、丈夫で栽培しやすい‘Vロード'、耐病性のある‘夏すずみ'、生育初期から途切れなく収穫できる‘夏ばやし'などがあります。四葉(すーよー)系では、実の長さが短めの‘シャキット'、歯切れがよい実がたくさん実る‘鈴成四葉'、食味がよく、漬物に向く‘さちかぜ'などがおすすめです。地這い品種では、‘ときわ地這'、‘青長系地這'、‘霜知らず地這'などがつくりやすいでしょう。また、キュウリにも多彩な地方品種があります。‘相模半白節成'、‘加賀太キュウリ'などの栽培にも挑戦してみましょう。

育て方のコツ

 キュウリは実が若いうちにどんどん収穫するのが、株を疲れさせないポイントです。一般的な品種では、1~2番果は長さ10~15cmで、3番果以降は18~20cmのものを収穫するようにします。

植えつけ

遅霜の心配がなくなる、4月下旬~5月上旬に苗を購入します。キュウリの植えつけ適期の苗は、本葉が4枚程度の大きさのものです。苗は、双葉がしっかりついて、節間がつまりがっしりしているもの、さらに、葉色が濃く、病害虫がついていない根鉢がしっかりできているものを購入しましょう。なお、接木苗は高価ですが、病気に強く、育てやすいのでおすすめです。

植えつけの2週間前に、苦土石灰を1m2当たり150~200gまき、よく耕しておきます。1週間前になったら、1m2当たり完熟牛ふん堆肥を3~4kg、粒状肥料「マイガーデンベジフル」350gをまいて耕します。1条植えの場合は畝幅60cm、2条植えの場合は畝幅120cmをとって畝を立てます。

植えつけは、1条植えでは株間60cm、2条植えでは条間60cm、株間60cmをあけて植えます。苗を植えつけ後は、長さ210~240cmの支柱を立てて誘引しておきます。2条植えの場合、支柱は合掌に立てるとよいでしょう。

管理

追肥

肥切れさせないように、1週間に1回、500倍に薄めた液体肥料「花工場原液」や同じく500倍に薄めた液体肥料「花工場有機液肥100 」を水やり代わりに施します。

誘引

週に1回を目安に、つるを支柱に誘引します。

整枝

地際から30cmほどの位置を目安にした、親づるの5~6節までの子づるは、全て摘み取りましょう。その上からでる子づるは1~2節をつけて先端を摘心し、親づる1本仕立てを基本とします。また、親づるがのびて支柱の先端に達したら、つる先を摘心します。

収穫

 1~2番果までは、株を疲れさせないためにも若取りを心がけましょう。それ以降は、18~20cmの長さになった実を、どんどん収穫します。キュウリは1日で3cmものびるので、うっかり見逃してしまうとヘチマのような巨大キュウリになってしまいます。食味が劣るので注意しましょう。

病害虫

キュウリに発生しやすいべと病には、殺菌剤「STダコニール1000」を散布して、予防しましょう。

同じく発生しやすいうどんこ病にも、殺菌剤「STダコニール1000」の散布が効果的です。このほか、殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」や、食品成分を使用した殺虫殺菌剤「ベニカマイルドスプレー」の散布も効果があります。

葉に凹んだ茶色い紋斑が出る炭そ病は、殺菌剤「STダコニール1000」、「ベンレート水和剤 」で予防します。殺虫殺菌剤「モスピラン・トップジンMスプレー 」も手軽に使え、効果があります。

アブラムシの被害には、殺虫殺菌剤「ベニカグリーンVスプレー」や、食品成分を使用した殺虫殺菌剤「ベニカマイルドスプレー」を散布しましょう。植えつけ時に殺虫剤「GFオルトラン粒剤」を植え穴に、さらに生育時には株元へ散布しておくと、アブラムシの発生を抑える効果が持続します。

ウリ科の野菜につきやすいウリハムシには、殺虫剤「マラソン乳剤」を散布して退治しましょう。

オンシツコナジラミも発生しやすい害虫です。天然除虫菊の抽出物が有効成分の殺虫剤「パイベニカVスプレー」は、有機農産物栽培にも使用可能です。また、殺虫剤「GFオルトラン粒剤」、「ベニカベジフルスプレー」、「ベニカ水溶剤」の散布も効果があります。

コンテナで栽培するときは

 直径30cm以上の大型コンテナを使い、水はけのよい培養土を利用します。用土1ℓ当たり「マイガーデンベジフル 」12gをよく混ぜ込んで、苗を植えつけましょう。栽培時期が高温期に当たるので、水切れさせないように土が乾いたら、たっぷり水やりをしましょう。植えつけ1か月後から、1週間に1回、1,000倍に薄めた液体肥料「花工場原液」や、500倍に薄めた液体肥料「花工場有機液肥100 」を水やり代わりに施しましょう。

タネから育てるときは

キュウリのタネは、4月中旬~6月頃、直径12cmほどのポリポットに2粒ずつまきます。発芽し、本葉1枚のときによい苗を1本残して間引き、育てます。その後、週に1回、1,000倍に薄めた液体肥料「花工場原液」や、300倍に薄めた液体肥料「花工場有機液肥100 」を施し、肥料切れに注意します。タネまきから約30日後、本葉が4枚ほどになったら、畑やコンテナに植えつけます。

ムービー紹介

ビデオは、害虫の生態や寄生植物を広くご紹介するものです。ビデオの中の害虫、寄生植物は、必ずしも植物栽培ナビの害虫、植物とは一致しませんので、ご了承ください。

アブラムシの産子
アブラムシの産子

(2分35秒 WMV形式/8.6MB)

アブラムシの雌の尾部から幼虫が産まれてくる様子を拡大顕微鏡で撮影しています。

アブラムシの二次被害
アブラムシの二次被害

(5分26秒 WMV形式/9.1MB)

アブラムシの二次被害として、尾部から出る排泄物がアリを誘引したり、すす病を誘発し、ウイルス病を媒介することを紹介しています。さらに、葉を萎縮させたり、湾曲させ、種類によっては葉に虫こぶ(虫えい)を作るアブラムシもいます。

アブラムシの天敵
アブラムシの天敵

(2分46秒 WMV形式/9.2MB)

ナナホシテントウの成虫や幼虫、クサカゲロウの幼虫がアブラムシを捕食する様子を拡大顕微鏡で撮影しています。

ページの先頭へ戻る