住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ホーム > 困ったこと、お悩みごと解決> 肥料に関するQ&A > Q11:「元肥」や「追肥」とはどのような意味ですか?

ここから本文です。

Q11:「元肥」や「追肥」とはどのような意味ですか?

Questin? > Answer

A11:元肥、追肥とも施肥方法の呼び方です。これ以外にも寒肥、置肥、お礼肥などの呼び方もあります。

【元肥】

植物の苗や苗木を植え付けるときなどに事前に与える肥料のことをいいます。すぐ肥料効果を期待する目的でないため、有機質肥料をベースにした遅効性の肥料か、緩効性肥料を使用します。庭木や果樹の休眠期である冬期に与える肥料を「寒肥」といい、有機質ベースの肥料を与えますが、目的からいって元肥の一種と考えるのが自然です。

【追肥】

植物の生育に応じて必要な養分を追加で与えることを追肥といいます。すぐに効果を期待するため、速効性のある液体肥料(花工場原液など)や化成肥料を使用します。追肥の種類には、春先良い芽を出させるために与える「芽出し肥」、花を咲かせたり、実を収穫した後、弱った植物の体力を回復させるために与える[お礼肥]、鉢土の上に置く「置肥」などがあります(置肥には2~3ヵ月程度効果の持続するエードボールCaなどの緩効性肥料が適しています)。

ページの先頭へ戻る