住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

薬剤の選び方

薬剤の選び方のポイント

病害虫防除のための薬剤は、目的や用途、対象となる病害虫や植物などに応じて多種多様です。 まちがった使い方をすると充分な効果が得られなかったり、逆に植物に薬害が生じてしまうこともあります。 薬剤を選ぶ際のポイントを把握し、正しく選んで正しく使用することが病害虫防除の基本です。
商品の購入と使用に際しては必ず説明をよく読んで、記載内容に 従ってください。

1.病害虫の種類を知り、 防除目的をはっきりさせる。虫なのか病気なのか?を判断しましょう。 2.薬剤の剤型、特性、効果等を 理解して薬剤を選定する。それぞれの薬剤の効果・特性を理解しましょう。 3.用途や使用方法、使用面積に 応じて正しく選択する。植物や作物に薬剤の適用があることを確認しましょう。

  • どういう症状が出ているか
  • 虫の姿が見えるか見えないか
  • 被害の拡大・蔓延状況はどうか

  • 剤型ごとの利点、注意点を理解する
  • 使用場所、規模等の条件に合った剤型を選択する

  • 対象植物名を再確認する
  • 植物と適用害虫・適用病害が合った薬剤を選定する
  • 除草剤の場合は散布時期や面積に注意する

薬剤散布のタイミング

大切な植物を病害虫から効果的に守るには、 発生前からの定期的なチェックと散布がポイントです。

病害虫の被害は、被害が目立つようになってからあわてて防除することが多いものです。 害虫による吸汁や食害の被害の場合はもちろんですが、特に病気の場合は葉が変色した後に殺菌剤を散布しても、 元通りにはなりません。変色などは細胞が病原菌に侵されて死んでしまったために起こった症状だからです。 病害虫は、それぞれ発生の時期が異なります。
適切な防除時期を確認して散布しましょう。

ページの先頭へ戻る