住友化学園芸

  • 会社案内
文字サイズ
大
中
小

オンラインショッピング

ここから本文です。

薬剤の正しい散布の仕方

使用に際しては下記項目の散布方法や注意事項をよく守り、 必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従って正しく安全に使用してください。

散布前の注意事項

  • 商品に記載されている適用作物・使用濃度・使用上の注意事項などをよく読んで正しく使用してください。(使用濃度を必要以上に濃くしますと、逆に植物に薬害が生じる恐れがあります。)
  • 大量に散布する場合、高い庭木に散布する場合は農薬用マスク・園芸用メガネ・手袋・帽子・長袖の服・長ぐつを着用するなど皮ふの露出部を少なくしてください。
  • 室内では使用しないでください。
  • 体調がすぐれない時は、薬剤散布を行わないでください。
 

散布中の注意と散布方法

  • 強風時や日中高温時の散布はさけ、風のない朝夕の涼しい時に散布してください。
  • 風向きなどを考え、散布液が通行人・家屋・洗濯物・ペット・自動車・塀などにかからないように、また池や河川などに入らないように十分注意してください。
  • 散布中は小児やペットが近づかないように配慮してください。散布中はタバコを吸ったり、食事などはしないでください。
  • 粒剤以外の薬剤は、半日位雨の降らない日を選んで散布してください。(散布後すぐに雨が降りますと効果がなくなります。)
  • 植物全体にむらなくていねいに散布してください。(病害虫は、葉の 表だけでなく葉裏や枝にも発生しています。)
   

散布後の注意と保管方法

  • 散布後は手足・顔など皮ふの露出部を石けんでよく洗い、使った器具や衣服も同時に洗ってください。
  • 散布中及び散布当日は小児やペットが近づかないように、また散布区域に立ち入らないように配慮してください。
  • 余った散布液は、河川、下水などに捨てないで土にまいて処理してください。
  • 使用後の薬剤は飲食物・食器類やペットの餌と区別し、直射日光をさけ、密栓して小児の手の届かない冷涼な場所に火気をさけて保管してください。
  • 他の容器に移しかえて保管しないでください。

 

使用済農薬容器の処理方法

使い終わった空容器は中身のないことを確認して処分しましょう。

容器の種類 残った薬品の除去方法
乳剤・液剤(ビン類)、スプレー剤などの容器 空になった容器に4分の1程度の水を入れ、栓をしてよく振り、洗浄水を他の容器にあける。この操作を3回は繰り返す。
袋入り包装(水和剤など)・粉・粒剤の容器 空になった袋、容器を軽くたたいて、中身を出し使いきる。
エアゾール剤の容器

中身を使い切った後、最後に戸外のガスのこもらない場所で完全にガスを出しきる。

*弊社商品のガス抜きキャップは、残ったガスを穴あけ不要で手軽に抜くことが できます。

●洗浄水は用水路・下水に流さない。●家庭園芸用薬品の空容器は他の用途に使用しない。

ページの先頭へ戻る