4月 シトラスポット

果樹のなかでも、日本で古くから親しまれてきた柑橘類。種類、品種ともとても多く、家庭果樹としての人気は衰えることを知りません。たくさんある種類のなかでもキンカンは、比較的小ぶりで育てやすく、初めての柑橘類栽培に向いています。秋から冬に実る果実は、甘露煮やジャムにするのが一般的ですが、近年では生食できる品種も流通しています。

今回はキンカンに、柑橘系の香りをもつハーブを寄せ植えに。ペアでの楽しみ方も紹介します。

用意するもの

柑橘類の株(ここではキンカン‘ぷちまる’を使用)、柑橘系の香りのハーブの苗(ここではレモンバームを使用)、鉢、鉢底石、鉢底ネット、培養土、化粧砂(あれば)

フルーツの栽培にはコレ!

粒状肥料
マイガーデンベジフル

マイガーデンベジフル

果樹や野菜を丈夫に育て、元肥、追肥ともに使えます。

Process 1

培養土に適量の粒状肥料「マイガーデンベジフル」を混ぜておきます。

Process 2

鉢穴に鉢底ネットを置いて鉢底石を敷き、Process 1 の培養土を、鉢底石が隠れるぐらいに入れます。

Process 3

柑橘類の株をプラポットから取り出し、根鉢の表面の土を軽く削り落としてProcess 2 の上に置きます。

Process 4

柑橘系の香りのハーブの苗をポリポットから取り出し、同様に根鉢を軽く崩して、Process 3 の横に置きます。

Process 5

根鉢が隠れるように、Process 1 の培養土を入れます。鉢をトントンと軽く床に打ちつけ、減った分の培養土を足します。

Process 6

培養土の表面に化粧砂を敷いて、飾ってみましょう。
※なくても構いません。

 

化粧砂。園芸店や雑貨店で入手できます。

Process 7

完成。鉢穴から流れ出てくるまで、たっぷり水やりをして日なたに置いて育てます。

日常のお手入れ

◎ハーブがはびこり過ぎないように、葉を適宜切り取って収穫します。収穫したハーブは、お茶にしたり、スイーツの飾りに利用してみましょう。

POINT

殺虫剤 ベニカベジフルスプレー

殺虫剤「ベニカベジフルスプレー
柑橘類につきやすいアブラムシやミカンハモグリガの防除に。収穫の7日前まで使用できます。
[注意]「ベニカベジフルスプレー」は、ハーブ類に適用がありません。キンカンのアブラムシやミカンハモグリガ退治に使用する際は、レモンバームにかからないよう、注意してください。

コラム シトラスポット・ミニレシピ ほろにが甘いハーブティー

Process 1

キンカンの収穫期は11月下旬~2月上旬です。オレンジ色に熟したら適宜果実を切り取って収穫しましょう。

Process 2

まずキンカンのコンポートをつくります。洗った果実の表皮に浅くタテに6~8カ所程度切れ込みを入れておきます。タネを取るときは、切れ込みからつまようじを刺して取り除きます。
キンカン15個につき、水200cc(あれば半量を白ワインに)を加熱して砂糖100gを加えて溶かし、キンカンを入れて紙の落としぶたをして20〜30分ほど煮詰めます。冷めたら煮汁とともに清潔な瓶に入れて保存しましょう。

Process 3

グラスにProcess 2 のキンカン1個と適量の煮汁を入れ、レモンバームなどの柑橘系の香りがするハーブティーを注ぎます。さわやかなハーブティーに、キンカンのコンポートで甘味を添えました。
冷やしたハーブティーにしたり、煮汁を炭酸水で割るのもおすすめです。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents