苗を植えてみよう

植物をタネから育ててみませんか。小学生のころ、アサガオやヒマワリのタネをまいて、育てた思い出がある人もいることでしょう。思えばこの小さくて硬いタネから、みずみずしい芽が出て育ち、やがて花が咲くなんて、ちょっと不思議な感じがします。小さくてダイナミックな植物のドラマを、身近に感じてみましょう。

用意するもの

4月にタネをまいて育った苗(ここではナスタチューム)、鉢、鉢底ネット、鉢底石、培養土、粒状肥料「マイガーデン植物全般用
*ほか、ラベル、ジョウロ、手袋など。

苗を植える時のポイント3 ・苗への水やり直後は避け、適度に土が乾いているほうが作業しやすい。・培養土は新しいものを使用する。・根が底部にまでしっかり届いている苗が植えつけどき。

その1:鉢に植えつける

ポリポットで育てた苗を、最終的に栽培する鉢に植えつけます。お気に入りの鉢を選んでみましょう。

Process 1

培養土は鉢の8分目ぐらいまで入る量を用意し、適量の粒状肥料「マイガーデン植物全般用」を
偏らないように混ぜておきます。

Process 2

鉢の底に、鉢底ネットを敷きます。

Process 3

鉢底ネットが隠れるぐらい、鉢底石を入れます。鉢底石を入れることで、鉢底が過湿になるのを防ぎます。

Process 4

1 の培養土を鉢の6分目ぐらいまで入れます。

Process5

苗の株元をしっかり支えて逆さにし、ポリポットを外して、4 の鉢に据えます。

>

Process 6

苗を鉢に据えたとき、苗についた土の表面が、鉢縁から2cmほど下であればOK。
鉢の中の土の量を加減して、高さを調整しましょう。これは、水を注いだ時に水が
溢れないようにするためのスペースです。

Process 7

鉢と苗の間のすき間に、1 の培養土を少しずつ入れていきます。
時々軽く鉢をたたいて、培養土をしっかり詰めましょう。

Process 8

株元をキュッと押さえて、苗についた土と培養土を密着させて落ち着かせます。

Process 9

株元へ、そっと水を注ぎます。培養土が沈んでしまったら、足しましょう。

この後は?

鉢は日当たりと風通しのよい場所に置きましょう。土の表面が乾いたら、
鉢の底穴から流れ出て来るまで、たっぷり水やりします。

肥料ってなぁに?

粒状肥料「マイガーデン植物全般用

植物は、土に含まれる養分を根から吸収し、成長しています。もし、土の養分が足りなかったら、植物はすくすくは育たず、花を咲かせることができません。植物の生長を支えるために与える養分。それが肥料の役割です。春は、植物が大きく生長する時期でもあります。しっかり肥料を与えて、元気な植物を育てましょう。

その2:すじまきして育てた場合は?

最終的に育てるプランターに直接まいて、間引きながら育てた植物の、お手入れを紹介します。

ヤグルマギクをすじまきにして育てたプランター。
土の表面が乾いたら水やりし、間引きしながら育てて、本葉が8~10枚ほどに育ちました。

株元へ粒状肥料「マイガーデン植物全般用」をパラパラまいて施します。
あるいは2週間に1回、液体肥料「花工場原液」を、規定量に薄めて水代わりに施しましょう。

はじめてさん5月のポイント3 ・培養土は新しいものを使い、あらかじめ肥料を混ぜておく。・植えつける深さは、鉢縁から2cmほど下を守る。・植えつけ後は株元をキュッと押さえ、たっぷり水やりする。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents