生育中の植物のお手入れ

4月にタネをまいて育てた植物は、大きく育っていますか? 暑い夏本番を間近に控えたこの時期に、植物をリフレッシュさせておきましょう。

用意するもの

育てている植物(ここではナスタチューム)。
*ほか、液体肥料「花工場原液」、ハサミ、ジョウロ

生育中の植物のお手入れポイント3 ・枯れた花や葉は切り取って、常に清潔に保つ。・大きく伸びたら1/2の長さを目安に切り戻し、すっきりさせる。・定期的に施すのにプラスして、切り戻し後にも肥料を施す。

その1:生育中の植物のお手入れ

Process 1

育てている植物が、こんなに大きくなりました。置き場所が変わると、ボリュームがよくわかります。

Process 2

よく見てみると、不規則な線が入った葉がありました。これはハモグリバエの幼虫が葉の中を食い進んでいる跡で、中心から少し上の薄く茶色い点が、幼虫です。葉の上から爪で押して潰しておきましょう。

Process 3

枯れた花がついていました。放置するとカビが生えたり、その後の成長期間が短くなる可能性があります。花がついている茎のつけ根でカットしておきましょう。

Process 4

よく見ると、枯れた葉もあります。枯れた葉も、葉がついた茎のつけ根で切っておきます。

Process5

茎先に丸い玉のようなものがついていました。これはナスタチウムの実で、咲き終わった花を放置するとこのような実になります。食べるとワサビのようなぴりっとした風味がありますよ。成長期後半なら実をつけさせてみるのもよいでしょう。

Process 6

大きく育った全体像です。少しだらしなく見えるので、茎を切ってさっぱりさせましょう。この作業を「切り戻し」といいます。

茎の途中で枝分かれした部分を切ります。

茎の途中から太い芽が出ていたら、そのつけ根で切ります。

すっきり整理された株になりました。

Process 7

成長が悪かったり、切り戻した株には、規定の倍率に薄めた液体肥料「花工場原液」を施し、その後の成長を促します。

この後は?

土の表面が乾いたら、底穴から流れ出るまでたっぷり水やりをします。暑い夏の間は、午前中だけ、あるいは木もれ日程度の日が当たる場所に移動させ、風通しよく過ごさせると、植物が傷むのを防げます。

肥料ってなぁに?

液体肥料「花工場原液

植物は、土に含まれる養分を根から吸収し、成長しています。もし、土の養分が足りなかったら、植物はすくすくは育たず、花を咲かせることができません。植物の生長を支えるために与える養分。それが肥料の役割です。春は、植物が大きく生長する時期でもあります。しっかり肥料を与えて、元気な植物を育てましょう。

その2:ハンギングバスケットのお手入れは?

暑い夏、特にハンギングバスケットの土は乾きやすく、植物がしおれてしまうことがあります。土が乾き切る前に、水を朝夕、たっぷり与えましょう。ウッドチップや水ゴケなどで覆い、乾き過ぎるのを予防してもよいでしょう。

はじめてさん7月のポイント3 ・高温期の夏は乾きやすいので、水やりは涼しい朝夕の時間帯にたっぷり与える。・暑さに弱い植物を除き、成長が悪い株には液体肥料を施す。・日中の強光線を避け、風通しがよい涼しい場所に置く。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents