今さら聞けないギモンにお答えします! こんなときどうしたら?

はりきって始めたガーデニング。でも、「困った! こんなとき、どうしたらいいの?」っていうこと、ありますよね。
そんな、日々の手入れでふと疑問に思うこと、トラブルの解決方法についてお答えします!

今月のギモン
ギモンその3
草花の手入れ
球根が咲き終わったけれど草花はまだ元気。どうしたらいい?

「秋に草花と球根を一緒に植えつけました。とてもきれいに咲いていたけれど、球根植物がそろそろ終わりそうです。これからどのように管理したらいいですか?

↓
A球根の花は早めに切り取り、追肥を与えて育てましょう

球根植物は、花が終わった後も葉は光合成を続け、翌年の生長のための養分を球根に貯えます。 また一緒に植えつけたビオラなどの一年草は、まだまだ花が楽しめます。
一年草の花をたくさん咲かせるためにも、球根を太らせるためにも、追肥を与えます。

追肥を与えて育てましょう
1 数年は植えっぱなしでOK! 小さい球根植物 image
↓

ムスカリなどの小球根植物は、数年間は植えっぱなしでも花を咲かせます。できるだけ早めに花を切り取り、切り花として楽しみましょう。そして、翌年のために肥料を与えて球根を太らせます。
ex.ムスカリ、スイセン、スノードロップ

2 復活までに時間がかかることも 大きな球根植物 image
↓

チューリップなど改良が進んだ品種のなかには、上手に管理しても翌年も同じように花が咲くとは限らないものも。花壇に植えたままで2~3年球根を太らせると、再び花を咲かせることもあります。

追肥には…

「マイガーデン」
植物全般用
土に活力を与える腐植酸を配合。花壇やコンテナの土の健康にも効果的。

花工場原液
効きめが早い速効性。微量要素やビタミンを配合しています。

トップに戻る

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents