ハーブで爽やかなバスタイムを

育てたハーブを、料理やティー以外でも堪能してみませんか。とくにミント類やレモンバームなど、ぐんぐん育って大きくなるハーブは、料理だけで使い切れなくなってしまうことがあります。蒸し暑いこの時期なら、バスタイムにもハーブを利用して、さっぱりと心地よいハーブの香りを楽しんでみて。




バスに使うハーブは1種類ずつでもOKですが、ラベンダーやローズなど、お気に入りの香りのハーブを思い切ってプラスすると、いっそう贅沢な気分が味わえます。

ハーブバッグ

用意するもの

好みのハーブ(写真はラベンダー、ローズ、レモンバーム、ミント類)

ガーゼハンカチ、ひも。ほかに裁縫道具を用意。

Process 1

ガーゼハンカチで20cm角ぐらいのきんちゃく袋をつくります。内側を布の表にして、周囲を簡単に縫いましょう。

Process 2

表に返し、折り返して縫った口にひもを通します。

Process 3

好みのハーブを袋に入れます。汚れなどが気になる場合は、事前によく洗ってから使用しましょう。

Process 4

Process 3 の袋をバスタブの蛇口にかぶせ、ひもで結び留めます。蛇口をひねり、ハーブを通過して湯が注がれるように調節しましょう。ハーブの香りがいっぱいに広がりますよ。なお、蛇口がない場合は、ハーブ入りの袋をバスタブの底に置いて給湯しましょう。

ハーブのくす玉

Process 1

レースドイリー(テーブル用の小さな敷物)の縁にリボンを通します。

Process 2

Process 1 の上にガーゼを敷き、好みのハーブを置きます。

Process 3

リボンをぎゅっと縛って、ボール状に整えます。

Process 4

ハーブバッグ同様、バスタブの蛇口にリボンで結び留め、湯を注ぎます。湯がいっぱいになったら取り外し、バスタブに浮かべて香りを楽しみましょう。

ハーブボウル

Process 1

ローズは花首で切っておきます。

Process 2

琺瑯やプラスチックなどの割れないボウルに水を入れ、Process 1 を浮かべます。

Process 3

湯を張ったバスタブにProcess 2 のボウルを浮かべて、香りを楽しみます。

Point

たくさん収穫できて、ドライ保存しているハーブも利用できます。また、今回紹介した布のバッグ以外でも、不織布製のお茶パックなどにハーブを入れてもよいでしょう。

ハーブバスレシピ

ひとつだけ、あるいはミックスで。

  • 日焼け、肌荒れに
    ジャーマンカモミール、ペパーミント、ラベンダー、リフレッシュに…セージ、ペパーミント、ローズマリー
  • 気になるニオイに
    タイム
  • 血行促進に
    ジャーマンカモミール、タイム、ポットマリーゴールド、ラベンダー、ローズ、ローズマリー、ヤロウ
  • 不眠に
    ジャーマンカモミール、ローズ
  • 疲労に
    ペパーミント、ローズマリー

制作/Round*R

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents