テクスチャーを楽しむサンドポット

乾いた環境を好む植物を植えつける時の用土として、あるいはディスプレイなどに利用することが多い砂。砂にはたくさんの種類や色があります。そもそもがナチュラルな素材なので、鉢のデコレーションにもきっと似合うはず。同じく自然素材の貝殻やサンゴをアクセントにしてみました。使用している間に、砂がぽろぽろ外れてしまうこともありますが、時々修復したり、別の素材を貼ってみたり。気長にのんびり楽しんでみて。

用意するもの

素焼き鉢、接着剤(モルタルなどの接着ができ、屋外使用ができるもの)、好みの砂(今回はサンゴ砂の大粒を利用)、あればオーナメント(貝がらやサンゴなど)ほか作業用に、古新聞紙、梱包シート、ビニール手袋など

Process 1

素焼き鉢の好みの場所に、接着剤を塗ります。今回使用した接着剤は、塗布後、5~10分放置した後に、接着物を貼り付けるタイプ。使用法に従って作業しましょう。

Process 2

接着剤を塗った箇所に、砂をふりかけて接着させます。砂がついたところから、軽く押さえておきましょう。平皿などに砂を敷いて、接着剤を塗った面を軽く押しつけるようにつけてもOK。そのまま1~2日ぐらい置いて、しっかり接着させます。

Process 3

植物を植える時は、梱包シートなどで仮に包んで作業すると、扱いやすくなります。

Process 4

植物を植えつけて完成です。

Point

オーナメントなどの大きなものは、先に貼り付けて紙テープなどで留め、固定させてから砂を貼ります。

使用した植物

  • ハナキリン
  • オトメゴコロ

 

 

制作/うさぎやPlus

手作りガーデニング雑貨をサポートする

追肥には・・・

花工場原液

植物の生育に必要な三大要素に各種微量要素とビタミン類をプラス。液体肥料花工場原液は、さまざまな植物の生育を応援します。必要なときに必要な分量を薄めて使えるので、経済的です。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents