庭の花を集めてタッジーマッジーを作ろう

「タッジーマッジー」とは、本来はハーブでつくった小さなブーケのこと。中世に、悪魔や伝染病などから身を守るために持ち歩いた小さな花束に由来します。今では、花とハーブで円を描くようにまとめたブーケを、タッジーマッジーと呼ぶこともあります。
お庭やベランダで丹誠込めて育てている花が、元気よくたくさん咲いたなら、少しずつ切って花束をこしらえてみましょう。中心にする花に添わせて束にする、タッジーマッジーならかんたんです。つくったタッジーマッジーは、リビングはもちろん、寝室や家事室にちょっと飾るのにもぴったり。また、ちょっとしたお礼やお返しにも便利。母の日のさりげないプレゼントにもちょうどよいですね。

用意するもの
庭やベランダで育てた花や葉(バラを1~2本入れておくと、芯として扱いやすい)、ひも、キッチンペーパーや紙ナプキン、ビニール袋やアルミホイル、ハサミ、ボウルやバケツなどの容器

Process 1

まず、材料にする花や葉を用意します。写真のように、両手で軽く束ねたときに、収まるぐらいの量がちょうどよいでしょう。

Process 2

タッジーマッジーの中心にする花の長さを決めます。手を広げて、親指から小指の先までの長さを基本にし、その長さで、中心にする花の茎を切りそろえます。

Process 3

枝分かれしている花は、分かれている箇所で切って、整えておきます。

Process 4

茎の切り口を水に浸し、水中で茎を少しだけ切ります。こうすると切り口から空気が入らず、水が吸い上げられ、花が長持ちします。

Process 5

今回は、バラとマーガレットを中心にします。長さを切りそろえ、茎の切り口を水中で切り戻し終わったところ。

Process 6

今回は、バラとマーガレットを中心にします。長さを切りそろえ、茎の切り口を水中で切り戻し終わったところ。

Process 7

今回は、バラとマーガレットを中心にします。長さを切りそろえ、茎の切り口を水中で切り戻し終わったところ。

Process 8

Process 7 にマーガレットを添え、バラと同じ側の手で持ちます。

Process 9

花を持っている手の指を少しあけて、2本目のマーガレットを挟みこむようにして、バラの向こう側に添えます。同様にして、バラを取り囲むように数本のマーガレットを添えます。

Process 10

バラとマーガレットを囲むように、小花(今回はフレンチラベンダーやオダマキなどを使用)も同様に添えていきます。

Process 11

すべての小花を添え終わったところ。

Process 12

今度は葉(今回はシロタエギクなどを使用)を添えていきます。

alt="Process 13

最後に大きな葉(今回はプリムラ・シネンシスの葉を使用)を、全体を囲むようにして添えます。

Process 14

手で持っている位置を、用意したひもでぎゅっと縛ります。

Process 15

ひものところを手で握り、握りこぶしの下辺りの位置で、茎を切りそろえます。

Process 16

茎の切り口をたっぷりと湿らせたペーパーで包み、ビニール袋やアルミホイルでさらにくるんで、できあがり!

Plusアイディア!

リボンをかけたり、きれいなラッピングをほどこしても。写真はリボンの代わりに、シュシュをあしらいました。シュシュもプレゼントになりますね。

制作/Round*R

手作りガーデニング雑貨をサポートする

追肥には・・・

花工場原液

植物の生育に必要な三大要素に各種微量要素とビタミン類をプラス。液体肥料花工場原液は、さまざまな植物の生育を応援します。 必要なときに必要な分量を薄めて使えるので、経済的です。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents