いろんなカタチでガーデニングラベルを作ろう

ガーデニングラベル

うっかり、花の名前を忘れてしまうことはありませんか? でも、育てている花にはラベルを添えて、いつでもその花について調べられるようにしておくのが、ガーデニング上達の秘訣なんです。市販のラベルもいろいろありますが、自分でこしらえてみると、もっと花と近しくなれそう。
今回は、塗った場所の文字を書き替えられる、黒板塗料スプレーを使ってみました。黒やグリーンの色合いは、意外にも、景色を引き締めてくれますよ。

用意するもの
バルサ材(厚み2~3mmでハサミやカッターで切れるもの)、黒板塗料スプレー(塗布したものが黒板になる塗料)、筆記用具、カッターやハサミ、ラベルの型紙、チョーク

Process 1

PROCESS 1

バルサ材にラベルの型紙を当て、鉛筆などで周囲をなぞって印をつけます。

Process 2

PROCESS 2

印に沿ってラベルの形を切り抜きます。カッターを使う時は、印を軽く何度もなぞり、少しずつ切り抜くようにすると、きれいに型が抜けます。表面や切り口を、紙ヤスリでこすってなめらかにしておくとベター。

Process 3

PROCESS 3

周囲が汚れないように紙などを敷き、ラベルを置いて黒板塗料スプレーを塗ります。乾かしながら何回かに分けて、表、裏、厚み部分まで、丁寧に塗りましょう。

Process 4

PROCESS 4

黒板塗料スプレーが完全に乾いたら、チョークで花の名前を書き入れます。花の種類によって、チョークの色を替えても。

Process 5

PROCESS 5

コンテナにさしてでき上がり。取り替える時は、柔らかい布で拭き取って、文字を書き替えます。

Plusアイディア!

乾くと耐水性になるデコレーションペンで、ラベルに飾りを描くと、オリジナル性がアップ。

バード型にくり抜いたラベルに穴をあけ、ひもや細いワイヤーを通し、枝に下げてみました。樹木やオベリスクに絡めたつる性植物におすすめ。

制作/うさぎや Plus

手作りガーデニング雑貨をサポートする

追肥には・・・

花工場原液

植物の生育に必要な三大要素に各種微量要素とビタミン類をプラス。液体肥料花工場原液は、さまざまな植物の生育を応援します。 必要なときに必要な分量を薄めて使えるので、経済的です。

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents