野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|シェフレラ・アルボリコラの育て方

監修:園芸研究家 尾崎 忠

シェフレラ・アルボリコラの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

シェフレラ・アルボリコラ写真

日本では、「カポック」の名で呼ばれることも多いのですが、「カポック」は本来、アオイ科※1ケイバ属の全く別の植物(Ceiba pentandula)に当てられた名前です。 光沢のある濃緑色の葉が、手のひら状につき、丈夫で育てやすい初心者向きの観葉植物といえるでしょう。耐寒性もあるので、暖房のない玄関などにも飾れます。

管理

置き場所

 適応力が高く、日陰でも日なたでもよく育ちますが、日光によく当てて育てた方が、葉の色つやがよく、引き締まった健全な株に育ちます。戸外に出す際は、徐々に慣らすようにすれば、直射日光でも葉焼けを起こしません。

水やり

 春から秋の高温期は、鉢土の表面が乾いてきたらたっぷり水を与えます。ときどき戸外に出して株全体にシャワーをかけて、葉の表面に積もったホコリなどを洗い流すと同時に、「ハダニ」予防をしましょう。葉のホコリ対策には葉面洗浄剤「リーフクリン」も利用できます。葉のホコリや汚れを落とし、みずみずしい自然な光沢がよみがえります。

 冬は乾かし気味とします。室内に置き、冬でも土がよく乾くようなら、鉢土の表面が完全に乾いてから水やりします。また、冬の室内は空気が乾燥しているので、こまめに葉水を与えるとよいでしょう。

肥料

 春から秋の生育期の間は、2~3カ月に1回程度、用土1ℓ当たり2gの粒状肥料「マイガーデン植物全般用」をばらまきます。または2週間に1回程度、液体肥料マイガーデン液体肥料」、花工場原液」の1000倍液か、「そのまま使える花工場観葉植物用」を水やり替わりに施します。

冬越し

 寒さに強く0℃近くの気温にも耐えますが、霜に当たると傷むので、最低気温が5℃を下回る前に室内に取り込めば安心です。

ふやし方

 さし木で容易にふやすことができます。さし木の最適期は5月から7月です。

 充実した緑枝を切り取ってさし穂にし、切り口に植物成長調整剤「ルートン」を薄くまぶして、清潔な赤玉土小粒などにさします。

 

栽培のポイント

 枝がやわらかく、長くのびてくると自分の葉の重さで枝が倒れてくることがあります。支柱を立てて支えましょう。

 また、大きく育ちすぎた場合は、剪定し、コンパクトに仕立て直すこともできます。

監修 園芸研究家 尾崎 忠

1973年8月生まれ。(有)エクゾティックプランツ代表取締役として熱帯植物の生産を行う。 帝京大学経済学部経済学科卒業後、公園緑地の樹木名板やサインに関する営業職を経て、2000年に家業である同社に入社する。 約2500~3000種の植物生産管理に携わる傍ら、アブチロンの育種を行う。現在は、トケイソウやハイビスカスの苗をメインに生産中。サンセベリアや、ビカクシダ、ホヤなどのコレクションも豊富。「熱帯植物には、まだまだ魅力的な植物がたくさんあります。一つでも多く家庭園芸に普及するよう努力していきたいです。」

シェフレラ・アルボリコラの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents