野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ
エゴノキの育て方

監修 園芸研究家 倉重祐二

エゴノキの育て方について紹介いたします。
このページではエゴノキの基本情報やまめ知識をご紹介しています。

エゴノキ写真

近年はエゴノキやケヤキ、ナツツバキなどの落葉樹を用いて、自然風な庭園をつくる方も多いようです。 エゴノキ属は、落葉または常緑の低木で、日本を含むアジア、南北アメリカ、ヨーロッパに約100種が分布します。欧米では、日本原産のエゴノキ、ハクウンボク、コハクウンボクが多く植栽されているにもかかわらず、日本ではこれまでほとんど利用されていませんでした。

基本情報

  • 科名属名:エゴノキ科エゴノキ属
  • 原産地:日本(北海道~沖縄)、朝鮮半島、中国、
  • 分類:多年(宿根)草,耐寒性,木本(落葉)
  • 栽培のスタート:苗木から
  • 日照条件:日なた
  • 生育適温:暑さ、寒さに強く、真夏日でも生育が衰えず、‐10℃でも影響を受けない。
  • 水やり:真夏の高温乾燥が続くときは、朝か夕方にたっぷり水をやる。
  • 特徴:ピンク花の品種もあり、幹は太くならず株立ちになる。日当たりを好むが、耐陰性もある。
  • 樹高:高(7~8m)
  • 植えつけ期:苗木(11~3月)
  • 開花期 5月中旬~6月中旬。実は6月中旬~10月。
監修:園芸研究家 倉重祐二

園芸研究家。千葉大学大学院園芸学研究科修了。赤城自然園(群馬県)を経て、現在は新潟県立植物園に勤務する。日本植物園協会 植物多様性保全委員、新潟県野生生物保護対策委員、魚沼市自然環境保全調査委員会副委員、NHK趣味の園芸講師などをつとめ、園芸の普及に幅広く活躍する。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、花卉園芸文化史。
「日本の植物園における生物多様性保全」(日本植物園協会)、「よくわかる栽培12か月 シャクナゲ」(NHK出版)、「原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜」(誠文堂新光社)等、論文や執筆も数多くある。

エゴノキの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents