野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|コトネアスターの育て方

監修 園芸研究家 倉重祐二

コトネアスターを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

コトネアスター写真

枝が這うように横に広がる樹形で赤い果実をつける、ベニシタンを代表とするコトネアスターの仲間は、旧世界の北半球に約400種が分布する、落葉または常緑の木本植物です。日本には自生しませんが、果実や紅葉が美しいために、明治末期から昭和初期にかけて多数の野生種が導入され、庭園樹や生垣として普及しました。 樹高が低く、葉が小型の種類は、実物(みもの)盆栽として栽培されます。

植えつけ方

植えつけ

 日なたから半日陰の、粘土質の水はけの悪い土地以外であれば、土壌を選ばずに生育します。最も適しているのは、水はけがよく、極端に乾燥しない土壌です。

 グラウンドカバーに使用される品種は、1m以上横に枝を伸ばすので、植え場所には、ある程度のスペースが必要です。コトネアスター・ウォーテリを生け垣に使う場合は60cmほどの間隔をあけましょう。

 植えつけは、成長の止まった10~11月、または厳冬期を除いた2月下旬から3月に行ないます。斜面や石組みの上などに植えると、枝が枝垂れて、みごとな樹形になります。

 根鉢の大きさの2倍の深さ、幅の植え穴を掘り、掘り上げた土に元肥として腐葉土や完熟堆肥などを混合したもので植えつけます。根鉢の周りに十分に水を注ぎ、棒などで突いて、根と植え土をなじませます。枝は長さ2/3程度まで切り戻し、新しい枝をたくさん出させるようにします。

監修:園芸研究家 倉重祐二

園芸研究家。千葉大学大学院園芸学研究科修了。赤城自然園(群馬県)を経て、現在は新潟県立植物園に勤務する。日本植物園協会 植物多様性保全委員、新潟県野生生物保護対策委員、魚沼市自然環境保全調査委員会副委員、NHK趣味の園芸講師などをつとめ、園芸の普及に幅広く活躍する。専門はツツジ属の栽培保全や系統進化、花卉園芸文化史。
「日本の植物園における生物多様性保全」(日本植物園協会)、「よくわかる栽培12か月 シャクナゲ」(NHK出版)、「原色日本産ツツジ・シャクナゲ大図譜」(誠文堂新光社)等、論文や執筆も数多くある。

コトネアスターの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents