野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|ポトスの育て方

監修:園芸研究家 尾崎 忠

ポトスの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ポトス写真

 ポトスはサトイモ科のつる性植物で、葉に黄色い斑模様が入るので、オウゴンカズラの和名があります。ハート形の葉が愛らしく、室内の弱光線のもとでもよく育つので、古くから観葉植物として人気があります。  私たちが普段楽しんでいる葉は幼葉で、下に垂らすと小さくなり、上に伸ばすと大きくなる性質があります。

管理

置き場所

 年間を通して室内の明るい場所に置きますが、夏の直射日光は避けるようにします。耐陰性に優れていますが、日照不足になると斑が不鮮明になったり、枝が弱々しくのびたりするので、そのほかの季節はできるだけ明るい場所に置いて管理します。

 ただし、‘ライム'は、光線が強すぎると葉の黄色が濃くなり、美しいライムグリーン色が出ないので、そのような場合は、もう少し日の当たらない場所に移動させるとよいでしょう。

 高温多湿を好むので、暖かい季節は浴室などに置いても、おしゃれに楽しめます。

水やり

 春から秋の生育期は、鉢土の表面が乾いてきたら、たっぷり水を与えます。ときどき浴室などで株全体に水をかけると、葉の表面がきれいになります。なお、葉のホコリ対策には葉面洗浄剤「リーフクリン」も利用できます。葉のホコリや汚れを落とし、みずみずしい自然な光沢がよみがえります。

 冬は鉢土を乾かし気味に管理しますが、空気が乾燥するので、こまめに霧吹きなどで葉水を与えましょう。

肥料

 春から秋の生育期の間は、2~3カ月に1回程度、用土1ℓ当たり5gの粒状肥料「マイガーデン植物全般用」をばらまきます。夏の間は、2週間に1回程度、液体肥料「花工場原液」の1000倍液か、「そのまま使える花工場観葉植物用」を水やり替わりに施します。

冬越し

 鉢土を乾かし気味にし、最低5℃以上の場所に置いて冬越しさせます。低温の場所では葉が黄変して落葉するので、できるだけ暖かい環境に置くようにしましょう。

ふやし方

 水ざしで簡単にふやすことができます。6月から8月ごろ、2~3節に切った枝の一番下の葉を摘み取り、水を溜めた空き瓶などにさしておくと、約1カ月程度で発根します。十分発根し、新芽が出てきたら園芸用の培養土をつかって植えつけましょう。

 なお、1本植えではボリュームが足りないので、1鉢に3本~5本ぐらいを寄せ植えるとよいでしょう。

 

栽培のポイント

 夏によくのびるため、ヘゴ仕立てのものは上手く誘引、剪定して、株が乱れないように整えます。ハンギングバスケット仕立てのものは、のびすぎた茎を適宜切り戻しましょう。

 冬に下葉が落ちてしまった株は、春になったら株元から10cm程度を残して切り戻し、新芽を出させます。

 幼葉を観賞する植物なので、古株になるまで何年も続けて育てるよりは、数年おきに新しい株に更新したほうがよいでしょう。水ざしで簡単にふえるので、更新も容易です。

監修 園芸研究家 尾崎 忠

1973年8月生まれ。(有)エクゾティックプランツ代表取締役として熱帯植物の生産を行う。 帝京大学経済学部経済学科卒業後、公園緑地の樹木名板やサインに関する営業職を経て、2000年に家業である同社に入社する。 約2500~3000種の植物生産管理に携わる傍ら、アブチロンの育種を行う。現在は、トケイソウやハイビスカスの苗をメインに生産中。サンセベリアや、ビカクシダ、ホヤなどのコレクションも豊富。「熱帯植物には、まだまだ魅力的な植物がたくさんあります。一つでも多く家庭園芸に普及するよう努力していきたいです。」

ポトスの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents