野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|リュウビンタイの育て方

監修:園芸研究家 尾崎 忠

リュウビンタイを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

リュウビンタイ写真

リュウビンタイ科に属し、日本の本州南部(伊豆・紀伊半島)にも自生する大形のシダ植物です。ゼンマイのような新芽からすらりと伸びてくる長い葉が愛らしく、生命力を感じます。葉が展開してくる塊の部分は、塊茎といい、いかにも古代的な雰囲気があります。 植え込む器しだいで、和風にも洋風にもよくマッチするので、鉢を選ぶ楽しみもひとしおです。お気に入りの鉢に植えて楽しんでください。

準備

栽培方法

植えつけ・植え替え

 水はけと保水力のある肥沃な用土を使い、用土1ℓ当たり5gの粒状肥料「マイガーデン植物全般用」を混ぜて植えつけます。根鉢を崩さなければ、いつでも植えつけ、植え替えられますが、暖かい時期に行なうのがベターです。

監修 園芸研究家 尾崎 忠

1973年8月生まれ。(有)エクゾティックプランツ代表取締役として熱帯植物の生産を行う。 帝京大学経済学部経済学科卒業後、公園緑地の樹木名板やサインに関する営業職を経て、2000年に家業である同社に入社する。 約2500~3000種の植物生産管理に携わる傍ら、アブチロンの育種を行う。現在は、トケイソウやハイビスカスの苗をメインに生産中。サンセベリアや、ビカクシダ、ホヤなどのコレクションも豊富。「熱帯植物には、まだまだ魅力的な植物がたくさんあります。一つでも多く家庭園芸に普及するよう努力していきたいです。」

リュウビンタイの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents