野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|リュウビンタイの育て方

監修:園芸研究家 尾崎 忠

リュウビンタイの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

リュウビンタイ写真

リュウビンタイ科に属し、日本の本州南部(伊豆・紀伊半島)にも自生する大形のシダ植物です。ゼンマイのような新芽からすらりと伸びてくる長い葉が愛らしく、生命力を感じます。葉が展開してくる塊の部分は、塊茎といい、いかにも古代的な雰囲気があります。 植え込む器しだいで、和風にも洋風にもよくマッチするので、鉢を選ぶ楽しみもひとしおです。お気に入りの鉢に植えて楽しんでください。

管理

置き場所

 一年を通し、室内の明るい日陰に置きます。窓際に置く場合は、夏の強い西日が直接当たらないように注意します。

水やり

 春と秋は、鉢土の表面が乾いてきたら水やりし、夏は毎日、用土が乾く前にたっぷりと水やりをします。ときどきお風呂場などで、株全体にシャワーをしてやるとよいでしょう。

 水が不足すると、葉がぐったりと垂れますが、垂れてから短期間なら水を与えれば元に戻ります。

 なお、水分を好む植物ですが、腰水にすると根腐れするのでご法度です。ただし、夏場は半日で吸収する程度の水量であれば、腰水にしても問題ありません。

 

肥料

 春から秋の生育期間中は、2~3カ月に1回程度、用土1ℓ当たり5gの粒状肥料「マイガーデン植物全般用」をばらまきます。または2週間に1回程度、規定倍率に薄めた液体肥料「マイガーデン液体肥料」、「花工場原液」の1000倍液かまたは「そのまま使える花工場観葉植物用」を施します。

 冬はあまり生育しないので、肥料は不要です。

冬越し

 室内の明るい場所に置き冬越しします。エアコンの風が当たるような場所には置かないようにします。

ふやし方

 胞子や鱗片ざしでふやすことができますが、あまり一般家庭向きではありません。

 

栽培のポイント

 高温多湿でよく育ちます。霧吹きなどでこまめに葉水を与え、塊茎が乾かないように水分補給してやります。また、直射日光やエアコンの風が直接当たる場所には置かないようにしましょう。

監修 園芸研究家 尾崎 忠

1973年8月生まれ。(有)エクゾティックプランツ代表取締役として熱帯植物の生産を行う。 帝京大学経済学部経済学科卒業後、公園緑地の樹木名板やサインに関する営業職を経て、2000年に家業である同社に入社する。 約2500~3000種の植物生産管理に携わる傍ら、アブチロンの育種を行う。現在は、トケイソウやハイビスカスの苗をメインに生産中。サンセベリアや、ビカクシダ、ホヤなどのコレクションも豊富。「熱帯植物には、まだまだ魅力的な植物がたくさんあります。一つでも多く家庭園芸に普及するよう努力していきたいです。」

リュウビンタイの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents