野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|アサリナの育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

アサリナを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

アサリナ写真

アサリナ」は、北アメリカ南部からメキシコと、ヨーロッパに分布するつる性の多年草です。葉柄と花柄が巻きひげのように支柱などに巻きつきながら、2~5mぐらいまでよく伸びていきます。キンギョソウに似たベル形の花が特徴です。 流通している種は、アサリナ・バークレイアナ(Asarina barclaiana)が多く、フェンスやオベリスクに絡ませたり、「緑のカーテン」として親しむことができます。

準備

育て方

タネまきと植えつけ

4月上旬ぐらいからポット苗が流通しますが、遅霜の心配があるので、5月に入ってから植えつけると安心です。また、タネでも流通しますが、発芽適温は20~25℃なので、八重桜が散ってからポットにまいて育てます。
苗は25~30cm間隔で庭植えにするか、大型のプランターや8~10号(口径24〜30cm)鉢に1~2株を植えつけます。
庭植えにする場合は、植えつけ2週間ほど前に、苦土石灰を1m²当たり100gを混ぜ込んでおきましょう。さらに植えつけ時に完熟腐葉土を1m²当たり2kg、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150g、土に混ぜ込みます。 
プランターや鉢植えにする場合は、市販の草花培養土を利用するとよいでしょう。肥料入りの培養土でない場合は、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を用土1ℓ当たり5gで混ぜ込んでから、苗を植えつけます。

仕立て方

<カーテン例>

ポット苗の根がほどよく回ったら、植えつけます。葉が3枚前後のころ、さらに7枚前後のころに、摘心してわき芽をふやします。
つるがお互いに絡まりあう前に、市販の支柱とつるもの用ネットを準備します。つるが細いため、あまり太い支柱だと巻きつきづらいので、10cm角ほどのネットか細い支柱を用いるのがよいでしょう。
気温が上昇するにつれ、生育は旺盛になり、2~5mぐらいのびます。家の1階やマンションの窓の日よけにするとよいでしょう。

監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

アサリナの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents