野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|ミニメロン【地植え】の育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

ミニメロン【地植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

ミニメロン【地植え】写真

 デザートの王様、メロン。病気に弱く、気難しいイメージのある野菜ですが、300~500gのミニメロンであれば重くないので、ネットに誘引することができ、緑のカーテンに仕立てることができます。ありきたりのカーテンとは一風変わったリッチなカーテンを楽しんでみませんか。  本格的な網目模様が入る‘ころたん'や、ノーネットメロンの‘かわい~ナ'などがあります。

準備

育て方

植えつけ

 タネをまいて育苗する品種と、苗で販売される品種があります、‘ころたん'のようなポット苗からスタートするのが簡単です。以下ではこの‘ころたん'の栽培例を紹介します。

 庭植えでもプランター植えでも育てることができますが、プランターの場合は深さ25cm以上、土の容量が15ℓ以上入る大型の容器を選びます。植えつけは、5月に入ってからにしましょう。なお、連作障害を起こさないよう、前年にウリ科植物を植えた土には植えないようにします。

 庭植えの場合は、植えつけ2週間ほど前に、苦土石灰を1m²当たり150gを混ぜ込んでおき、植えつけ時に完熟牛ふん堆肥を1m²当たり2kg、緩効性肥料の粒状肥料「マイガーデンベジフル」を、1m²当たり200g加えて耕します。

 プランターには、市販の野菜用培養土に粒状肥料「マイガーデンベジフル」を、用土1ℓ当たり5g混ぜ込んでから植えつけます。株間は90cm程度、大型の幅60cmのプランターであれば1~2株が目安です。

 プランターに苗を植えつけるときは、ポットの土の表面が地表面より高くなるように植えつけると、水はけがよくなり、病気が出にくくなります。庭植えの場合もできるだけ高畝にしましょう。水たまりができるような土壌ではうまく育ちません。

 

仕立て方

<カーテン例>

 目の大きさが10cm角ぐらいのつるもの用ネットと、支柱を準備します。

 孫づるに着果させるための仕立て方をします。本葉が3~6枚になったら摘心し、わき芽(子づる)を出させて、ネットに誘引します。生育のよい子づるを1~3本残します。子づるの4枚目(庭植えの場合)~8枚目(プランター植えの場合)までの葉腋から出たわき芽(孫づる)は早めにかきとり、それ以降に出る孫づるを伸ばしてネットに誘引して、それに果実をつけさせます。

 つるは1.5~2mぐらい伸びるので、カーテン状に仕立てると、家屋の1階やマンションのベランダの日よけになります。

監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

ミニメロン【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents