野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

ノアサガオの育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

ノアサガオの育て方について紹介いたします。
このページではノアサガオの基本情報やまめ知識をご紹介しています。

ノアサガオ写真

 亜熱帯地域に自生するつる性の多年草で、沖縄では海岸付近でおう盛に繁茂しているのを見かけます。1年草のアサガオと比べると格段に丈夫で、10数mもつるを伸ばします。開花期間もより長く、6月中下旬から霜が降りる11月頃まで咲き続けます。花数が最も多く、美しくなるのは、10月上旬頃です。  関東以西では、冬に枯れた地上部を切って、マルチングか盛り土をしておけば、戸外で冬越しできます。

基本情報

  • 科名属名:ヒルガオ科サツマイモ属
  • 原産地:熱帯~亜熱帯地域
  • 分類:多年(宿根)草,非耐寒性,つる性,草本
  • 栽培のスタート:苗から
  • 日照条件:日なた
  • 生育適温:15-25℃
  • 水やり:梅雨明け後は乾きすぎないように、しっかりやる。特に真夏は庭植えであっても、朝夕の水やりが必要。 土の中に十分しみ込むまでたっぷり時間をかけて行う
  • 特徴:生育旺盛で花期も長い。広がりすぎたり、ネットからはみ出したりしないよう、つるを適宜切る。 周辺の生態環境に大きな影響を及ぼす可能性もあるので、根域を制限するためにコンテナ植えにする
  • 樹高:つる性(10m以上)
  • 植えつけ期:4月下旬~5月下旬
  • 開花期 6月中下旬~11月
監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

ノアサガオの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents