野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|あさがおの育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

あさがおを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

あさがお写真

 日本で古くから親しまれている、つる性の1年草です。小学校の教材でも用いられるように、生長が早くて育てやすく、手軽に楽しめます。  一般には、大輪アサガオのあんどん仕立てがよく知られていますが、つるが長く伸びるので、日よけを目的としたカーテンに仕立てることもできます。  なかでも「西洋アサガオ」をはじめ、「曜白アサガオ」や「垣根アサガオ」と呼ばれる種類がカーテンに適しています。

準備

育て方

タネまきと植えつけ

 直まき、あるいは苗を移植して植えつけることもできます。タネは硬実種子(こうじつしゅし)といって種皮が硬いので、まく前に、タネの尖った部分の内側にあるへそを傷つけないように注意し、ヤスリなどで種皮を削っておきます。あるいは、一晩水につけ、膨らんだタネをまきます。ただし、市販のタネは硬実処理がすでに施されているものも多いので、タネ袋の解説をよく読みましょう。

 まく時期は5月中下旬です。アサガオの発芽適温は20~25℃ですので、早まきは禁物です。覆土の厚みは1~2cmを目安にします。ポリポットで育苗した場合は、底穴から白い根がわずかに見えた頃、根を切らないように注意して定植します。

 生育がおう盛なので花壇などへ庭植えにするのが望ましいですが、できない場合は、土がたっぷり入る大型のプランターなどに、30~50cmの株間で植えつけます。庭植えの場合は、植えつけ2週間ほど前に、苦土石灰を1m²当たり100gを混ぜ込んでおき、植えつけ時に腐葉土を1m²当たり2kg、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150gを混ぜて苗を植えます。プランター栽培で市販の草花培養土などを利用するときは、さらに完熟牛ふん堆肥と川砂を各1割ほど加え、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を用土1ℓ当たり5g混ぜてから苗を植えます。

 

仕立て方

カーテン例

 本葉が7、8枚開いたときに摘心し、支柱とつるもの用ネットを準備します。つるは3m以上に伸びるので、2階建ての家であれば、2階のベランダまで伸ばしてみましょう。ネットの両端には丈夫な支柱や金属パイプを通し、しっかり固定しておきます。つるをまっすぐにのぼらせたいときには、麻ひもを用いると便利です。

監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

あさがおの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents