野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理&収穫|ヒョウタン【地植え】の育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

ヒョウタン【地植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ヒョウタン【地植え】写真

 ウリ科のつる性の1年草で、干瓢(かんぴょう)にするユウガオの変種です。日本には縄文時代に伝わり、古くから人々の生活に関わってきました。果実は苦味があるので食用にはせず、乾燥させて容器や装飾品などに加工します。ヒョウタンというと、くびれた形を想像しがちですが、球形や首が長い形、ヘビのように細長くなる形などさまざま。そのユーモアあふれる形に、きっと親しみを覚えるに違いありません。

管理

置き場所

 日当たりと風通しのよい場所で育てます。葉が大きいので水分の蒸散が激しく、真夏に強い西日が当たると葉がしおれることがありますが、夕方に水やりをすれば回復します。

 なお、ヒョウタンは連作障害を起こしやすいので、前年にウリ科植物を植えた土には植えないようにしましょう。

水やり

 表土が乾いたらたっぷりと水やりします。過湿には注意します。

肥料

 元肥として粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150gを土に混ぜておきます。植えつけから2週間経た時と、親づるが棚上に達した頃に、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり30gをばらまいて追肥します。なお、庭植えの場合、根はどんどん広がって伸びていくので、1回目の追肥は株元から30cm、2回目は50cmほど離れたところに施すとよいでしょう。

 

管理のポイント

 果実は、親づるよりも子づる、孫づるによくつき、放任ではあまり実りません。そこで、親づる(主茎)が頂上に届くまではわき芽をかき取り、頂上に届いたら先端を摘心して、子づる(わき芽)の発生を促します。さらに、子づるが6節くらい伸びたら、先端を摘心して、孫づる(わき芽)を伸ばします。棚上では均一になるようにつるを誘引し、ひもで支柱に留めていきます。

 また、夕方から早朝に白い花を咲かせます。雄花と雌花が別々に咲くので、雄花の葯(やく)をちぎり、雌花の柱頭に黄色くなるくらい花粉をつけると、確実に結実します。

 

ふやし方

 茶色くなった果実を収穫した後、黒く、つやのあるタネを採取して乾燥貯蔵し、来年用に供します。ただし、発芽率が低下するとともに、親と同じ形質のものが得られないことが多いです。

監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

ヒョウタン【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents