野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|ミニカボチャ【地植え】の育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

ミニカボチャ【地植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

ミニカボチャ【地植え】写真

カボチャは、中央アメリカ原産のつる性の1年草です。大きいカボチャは、広い面積の畑につるを這わせて栽培しますが、ミニカボチャは果実が小さく軽いので、狭い場所でも支柱を立てて、空中栽培することができます。空中栽培にすると風通しがよくなるので、カボチャの大敵であるうどんこ病の発生を軽減できるメリットがあります。 また、ミニカボチャは電子レンジで調理できる手軽さも長所です。

準備

育て方

植えつけ

 タネをまいて育ててもよいですが、ポット苗を購入するのが手軽です。定植適期は、4月下旬から5月上旬です。ポリポットにタネをまいて育苗した場合は、本葉が3~4枚展開した頃に植えつけます。

 生育がおう盛なので、庭植えが望ましいですが、できない場合は土がたっぷり入る大型のプランターなどに植えつけます。庭植えでは、植えつけ2週間ほど前に苦土石灰を1m²当たり150gを混ぜ込んでおき、植えつけ時に完熟牛ふん堆肥を1m²当たり2kg、粒状肥料「マイガーデンベジフル」を1m²当たり200gを混ぜて苗を植えます。

 プランター栽培では、市販の肥料入り野菜用配合土を利用するとよいでしょう。肥料入りの培養土ではない時は、粒状肥料「マイガーデンベジフル」を用土1ℓ当たり6g混ぜてから苗を植えます。株間は70~90cm、プランターなら1株が目安です。

 

仕立て方

アーチ例

 アーチ支柱と、まっすぐな1本支柱を渡してしっかり固定します。アーチ支柱同士の頂上部も1本支柱でつなぎ、ぐらつかないようにします。さらに、つるもの用ネットを張っておくと安心です。

 つるは上へ上へと伸びていきますが、下るのは苦手です。必ずアーチ支柱の両側に苗を植えつけます。

 また、ミニカボチャといっても果実には重さがあるので、果実が実ったら落ちないよう、へたの部分をひもで支柱に固定しておきます。あるいは、ストッキングなどを果実にかぶせて、支えておいてもよいでしょう。

監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

ミニカボチャ【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents