野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

はやとうり【地植え】の育て方

監修:広島市植物公園 島田有紀子

はやとうり【地植え】の育て方について紹介いたします。
このページでははやとうり【地植え】の基本情報やまめ知識をご紹介しています。

はやとうり【地植え】写真

 ハヤトウリは、ウリ科のつる性の多年草です。原産地はメキシコ南部から熱帯アメリカ地域で、日本へは、大正時代に鹿児島へ導入されたのがきっかけで、「薩摩隼人」から「ハヤトウリ」と呼ばれるようになりました。  洋ナシのような形をしている果実には、緑色のものと白色のものがあります。栽培は、タネを植えるのではなく、果実のまま植える点がユニークといえるでしょう。

基本情報

  • 科名属名:ウリ科ハヤトウリ属
  • 原産地:メキシコ南部~熱帯アメリカ
  • 分類:多年(宿根)草,半耐寒性,つる性
  • 栽培のスタート:タネから
  • 日照条件:日なた
  • 生育適温:20~25℃
  • 水やり:土の表面が乾き始めたら、たっぷりとやる。真夏には、朝夕に2回水やりする。庭植えの場合は水やりはほとんど不要
  • 特徴:白色種と緑色種がある。 苗はほとんど流通していないので、果実(種瓜)を入手する。果実を割って中のタネは出さず、果実のまま植えつける。
  • 樹高:つる性(4m)
  • 種まき期:4月下旬~5月 タネウリ(=果実)をそのまま植えてふやす
  • 開花期 9~10月
  • 収穫期 10月中旬~11月中旬
  • 植えつけから収穫までの期間 6ヶ月
  • 開花から収穫までの期間 2~3週間
監修 広島市植物公園 島田有紀子

広島市植物公園にて、ベゴニアやゼラニウムをはじめ、種々の草花と鉢花を扱う。大阪府立大学大学院農学生命科学研究科修了。農学博士。科学的な根拠をもとに植物の魅力を最大限に発揮させることを心がける。著書に、「よくわかる栽培12か月木立ち性ベゴニア」(NHK出版)、「ナチュラルガーデンをつくる~宿根草~」(共著・NHK出版)、「園芸入門」(共著・NHK出版)、「球根の開花調節」(共著・農文協)、「農業技術体系」(共著・農文協)など多数。

はやとうり【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents