野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|ラベンダーの育て方

ラベンダーを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

ラベンダー写真

すでに古代ギリシャでも、沐浴などに利用されていたハーブで、その人気は現在でも「ハーブの女王」の座を揺るぎないものとしています。大きな苞が特徴のフレンチラベンダー(ストエカス種)、ギザギザの葉を持つフリンジラベンダー(デンタータ種)、小花が穂になるイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア種)、育てやすい交配種のラバンジンラベンダーなどがあります。

準備

育て方

タネから育てる

タネまきは春。直まき、あるいはまき床にばらまきにし、草丈10cmの頃に、10~30cmほど間隔をあけて植えつけます。ただし、初期成長がたいへん遅く、定植までに時間がかかるため、苗を購入して植えつけるほうが一般的です。

苗から育てる

市販の苗を購入したら、すぐに適切な場所に植えつけます。

ラベンダーの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents