野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|ガーデンダリアの育て方

監修:ガーデナー 天野麻理絵

ガーデンダリアの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ガーデンダリア写真

植物の見どころと見せ方 色鮮やかで豊富な花色があるダリアは、初夏から秋まで長く花壇を彩ります。豪華で大形の巨大輪から、コンパクトな小輪タイプまでサイズも様々あり、花の咲き方だけでも10種類に分類されるほどバラエティに富んでいます。

管理

メンテナンス

一般的なダリアと同様に、ガーデンダリアも高温多湿が苦手で、夏は株が弱りやすくなります。初夏から咲いた花がらはその都度切り、初夏の花が咲き終わったら、8月上旬ごろ、株元から30〜40cmの高さで切り戻しましょう。コンパクトにすることでエネルギーの消耗が抑えられ、夏越ししやすくなり、秋に再び整った姿で花を楽しむことができます。
ダリアは茎が筒状になので、切り口から水が入って腐ることがあります。太い切り口はアルミ箔などで覆い、水の浸入を防ぎましょう。切り戻し後は葉数が減って水の吸い上げも減るので、水やりの回数を減らしましょう。

 

知っておくと役立つ秘訣

ガーデンダリアのポット苗は主に春と秋に苗の状態で出回りますが、庭植えでは、春の入手をおすすめします。株をじっくり育てられるので、夏越しさえできれば、株はかなりのボリュームになって花数もふえ、秋の開花が一層見ごとになります。なお、秋には花つきの開花株もよく出回るので、秋の彩りとして取り入れると、手軽に秋らしい花壇が演出できます。

肥料

ガーデンダリアは花期が長いので、元肥として、植えつけ時に粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、 「マイガーデン植物全般用」を1㎡当たり150g施すのに加え、5月と9月に同様の肥料を追肥します。(4~6月に植えつけた場合、その年の追肥は9月にします。)
鉢植えでは、真夏を除いて1〜2週に1回、規定倍率に希釈した液体肥料「花工場原液」を施すか、または2~3カ月に1回、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を用土1ℓ当たり5gを株元にばらまいて施します。

監修:ガーデナー 天野麻理絵

東京農業大学 地域環境科学部造園科学科卒業。愛知県にある造園会社 ㈱豊田ガーデンに勤務し、ショーガーデンのガーデニングミュージアム花遊庭のメンテナンスに携わり、花のある庭づくりに力を入れる。NHKテレビ「趣味の園芸」の講師をつとめ、「BISES」、「ガーデン&ガーデン」等、園芸雑誌に執筆も数多くある。2011年秋に講談社より『自分でつくるおしゃれで小さな庭』を出版し好評を得ている。
2014年3月に家の光協会より「一年中美しい手間いらずの小さな庭づくり」、講談社より「小さくてもセンスのよい庭づくり」を出版。

ガーデンダリアの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents