野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|つるバラの育て方

監修 園芸研究家 小山内健

つるバラを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

つるバラ写真

「四季咲き性」バラのなかでも大輪種「ハイブリッド・ティー(H.T)系」は、四季咲きの代表的な系統で知られ、色彩や品種の豊かさから、生産数の半数を占めるほど世界中で注目されています。

使用するもの

  • 苗(春苗、もしくは大苗)
  • 1〜2回り大きな鉢(直径20cm〜。鉢植えの場合)
  • 培養土(「マイローズばらの培養土」など)
  • 鉢底石(鉢植えの場合)
  • 鉢底ネット(鉢植えの場合)
  • 土入れ、または移植ゴテ
  • 軽石やパーライト(庭植えの場合)
  • 馬ふん堆肥、牛ふん堆肥、完熟腐葉土など(庭植えの場合)
  • 肥料(粒状肥料「マイガーデン粒状肥料」、「マイローズばらの肥料」などの元肥)
  • ジョウロ

植えつけ方

[春苗、鉢苗を、新しい鉢に植え替える場合]
植えつけ適期:関東地方以西 4月中旬〜6月 この時期に見かけるポリポットの小さな苗を「春苗」、もしくは「若苗」や「新苗」ともいい、6~8号鉢に植えられている大きな苗を「鉢苗」といいます。植えつけには、水はけと水もちに優れた用土が最適です   春苗、鉢苗ともに、その苗に対して、1~2号分大きい鉢を用意します。用土に適量の粒状肥料(マイガーデン粒状肥料」、マイローズばらの肥料」など)を混ぜてから、根鉢を崩さずに植えつけましょう。根張りがよく、早く見映えする株に育ちます。


春苗は根を崩すと株が傷むので、根鉢は崩さず植えつける。
鉢植え、庭植えともに、使用する用土には粒状肥料を混ぜておく。

[春苗、鉢苗を、庭に植えつける場合] 植えつけ適期:関東地方以西 4月中旬〜6月
まず直径、深さともにに30~40cmの植え穴を掘り、掘り上げた土に堆肥か腐葉土、適量の粒状肥料(マイガーデン粒状肥料」、マイローズばらの肥料」などを混ぜておきます。そして根鉢を崩さないように苗を植え穴に据え、深植えにならないように植えつけます。

[大苗を、新しい鉢に植えつける場合]
植えつけ適期:関東地方以西 11月中旬〜2月
つるバラの大苗の根を手でほぐしながら広げ、自然に落ちる土はそのまま落とします。その後、植えつける前に、規定倍率に希釈した「マイローズばらの活力剤」に1時間程度つけておくと、芽吹きがよくなります。  大苗が植わっていた鉢より、ひとまわり大きい鉢に根を広げて植えます。

[大苗を、庭に植えつける場合]
植えつけ適期:関東地方以西 11月中旬〜2月
つるバラの大苗の根を手でほぐしながら広げ、自然に落ちる土はそのまま落とします。
 植え場所に深さ、直径ともに30~40cmの穴を掘り、土に牛ふん堆肥、軽石、適量の元肥(粒状肥料マイガーデン粒状肥料」、マイローズばらの肥料」など)を施してから植えつけます。
 なお、植え場所の土が固く、十分な大きさの植え穴を掘れない場合は、用土を上に足してみましょう。立体花壇や畑の畝(うね)の要領で土を盛ってから穴を掘り、苗を植えつけるとよいでしょう。

監修 園芸研究家 小山内健

園芸研究家。通称「ローズ ソムリエ」、「バラ鑑定士」と呼ばれるバラのトップアドバイザー。大阪府にある京阪園芸(株)にて販売、栽培管理、品種の鑑定などに従事するかたわら、講演会や講習会と多方面に活躍する。「趣味の園芸」(NHK出版)、「花ぐらし」(家の光)、などさまざまな園芸誌に執筆、出演。著書に「アーリー モダンローズ」、「オールド ローズ」(ともに講談社)ほか、共著多数。TVチャンピオン「全国バラの花通選手権」2回制覇の経験もある。

つるバラの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents