野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|の育て方

監修 バラ栽培家 後藤みどり

を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

写真

フェンスからこぼれるように咲くバラの、花色のグラデーションまで楽しめるフェンス仕立ては、もっとも手軽につるバラを仕立てる方法のひとつです。つるバラならではの自由さを利用した演出で、こだわりのフェンス仕立てを楽しみませんか。 フェンスは、家の敷地を囲むものを使うのが一般的。日当たりのよい箇所を選ぶことが大切ですが、北向きでも開けた場所なら明るさがあるので大丈夫です。

準備

フェンス仕立てのプロセス

  1. これからフェンスを設置するなら、フェンスの目の間に自分のこぶしが入るぐらいの大きさのものがおすすめです。目の間につるがくぐり入り込んでしまうと、管理がたいへんです。 また、多くのつるバラの1本のつるは2〜3m以上伸びるので、フェンスの幅や位置を考慮しましょう。
  2. バラの植え場所は、日なたや開けた明るい場所を選びます。
  3. つるをできるだけ大きく伸ばしたいなら、植え場所の土は量にして30ℓ以上を柔らかくするようよく耕します。
  4. 「オベリスクの仕立て」の植えつけ方同様に、つるバラの苗を植えつけます。まず、つるをできるだけ広げ、真上に向けて伸ばします。植えつけ時には、つるを横に寝かせません。
  5. 主幹となるつるが育って充実するまでは、株元から伸びるつるはたくさん出さずよいつる2〜3本を決めて、フェンスを覆うようにひたすら伸ばすよう育てます。
  6. フェンスの高さ、幅ともにほぼつるで覆えるようになったら、株元からのつるを出すようにしてやると、花が咲いたときの密度が高まります。 なお、早く花でいっぱいのフェンスにしたいときは、市販の3年生ロング苗、あるいは長尺苗を入手して植えるとよいでしょう。

【1年目の冬】

伸ばしていたつるを横に倒すようにして、フェンスに結び留めて誘引する。フェンスの面に空いた場所がないように、均等につるを配るのが理想的。

フェンスの上部につるを結ぶと、フェンスから飛び出して花が咲くので、必ずフェンスの内側に収まるように誘引するのがポイント(1)。

フェンスの面が空いていても誘引するつるがないこともある。今後出てくるつるを大切に伸ばしていくようにする(2)。

フェンスの下部にも花を咲かせたいときは、下部の下方のつるを横方向に伸ばすようにする(3)。

◎フェンス仕立てにおすすめの品種

●小輪系
安曇野、アンジェラ、キューランブラー、ウェディングデイ

●中輪系
アメリカンピラー、アルベルティーン、ザ・ジェネラス・ガーデナー、サマースノーつる

●大輪系
クラウン・プリンセス・マルガリータ、コテージローズ 、ゼフィリーヌドルーアン、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

監修 バラ栽培家 後藤みどり

バラ専門店『コマツガーデン』代表、山梨県生まれ。
 25年前、山梨の美しい自然の中でこだわりのバラ苗を生産することを決意。有機栽培による良質な苗が好評で、多くのバラ愛好家に支持されている。笛吹市石和町のショップで実践型のバラ栽培教室を開催する傍ら、NHK趣味の園芸で講師を務めている。
 著書に「大地に薫るバラ」(草土出版)、「私のバラ庭づくり」(農文協)、「はじめてのバラづくり12ヶ月」(家の光)、「オールドローズ ギャラリー」「薔薇大図鑑」監修など多数。花育(はないく)など、新しいバラの楽しみ方も積極的に提案中。「子育てとバラづくりは似ています!!」

の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents