野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|の育て方

監修 園芸研究家 横山直樹

の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

写真

ヨーロッパ生まれのクリスマスローズ。日本でも「冬の貴婦人」という愛称で呼ばれ、寒い冬枯れのシーズンに楽しめる花、そして春を告げる花として、欠かせない存在になってきました。 寒さや暑さに強く日陰でも育ち、 育てやすいことも人気の理由の一つです。 また、もう一方でこの花には、独特の落ち着いた色合いや雰囲気があり、どことなく和風を感じさせる要素があるからこそ、多くの人に自然と受け入れられたと思います。

管理

オベリスク仕立てにしたバラの管理

●仕立てたオベリスクの一番花が咲き終わったら
まず花がらを切ります。このとき葉もつけて20cmくらい切ってください。
返り咲きのバラはこの後切ったところからところどころ蕾をつけます。
一季咲きのバラは来年の花を付けるバラの枝が伸びてきます。

●栄養が必要なので肥料を与えましょう。
花後、株元に肥料を施します。5月の満開後、夏の剪定時、早春に各1回ずつ
粒状肥料「マイローズ ばらの肥料」を1株当たり200g、株元にばらまきます。

●夏のお手入れ
水切れするとつるが伸びなくなります。高温で乾燥する夏は、水やりをまめに行ないましょう。
また、上部からしか枝が出なく、オベリスクの脚元がすいて見えることがあります。そんな場合はつる先を切って、株元を明るくすると下部からも枝が出やすくなります。

監修 園芸研究家 横山直樹

1978年生まれ。専門学校卒業後、イギリスのアッシュウッドナーセリー(園芸店)やウィズレー植物園で2年間研修。
帰国後、園芸生産農家としては二代目となる横山園芸にて2001年よりクリスマスローズ、ネリネ、原種シクラメン等の花の生産、育種に携わる。
NHK「趣味の園芸」講師や英国シクラメン協会日本支部代表などの園芸普及活動も、地道に続けている。

の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents