野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|きゅうり【鉢植え】の育て方

農業体験農園「百匁の里」園主 加藤正明

きゅうり【鉢植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

きゅうり【鉢植え】写真

植えつけからあっという間につるが伸び、約2カ月で収穫できます。いったん調子に乗れば、毎日途切れることなく、収穫できるお得野菜。

使用するもの

  • ジョウロ
  • 園芸用ハサミ
  • 支柱2本(本支柱用。高さ180cmぐらいのもの)。またはオベリスクなど。
  • つるもの用ネット
  • 追肥用肥料(液体肥料「ベジフル液肥」など)
  • フォーク(食事用のものを専用に)
  • 麻ひもなど

置き場所

風通しのよい日なたに置きましょう。

水やり

土の表面が白っぽく乾き切る前に、底穴から流れ出てくるまで、ジョウロでたっぷり株元へ水やりします。水やり回数の目安は以下です。5月〜6月 1日1回、7月〜9月中旬 1日1〜2回(そのほか、雨が降っていない夕方には、葉水も与える)

肥料

肥料を好むので、植えつけから1カ月後から、定期的に追肥を施します。

間引き・土寄せ

株元にときどき土寄せしておきます。さらに、株周りの土の表面を、フォークなどで軽くほぐしておくとよいでしょう。キュウリは根が浅く張るので、作業時に根を切らないように注意します。

支柱立て

本葉が5〜6枚に成長したら、プランターに本支柱を2本立て、その間につるもの用ネットを、麻ひもなどで支柱に結び留めて張ります。ベランダの物干し竿などを利用して、ネットを吊るしてもよいでしょう。オベリスクを利用する場合は、脚部をしっかり用土にさして立てます。

わき芽摘み

茎がそのまま親づるになります。下から3〜5節目のわき芽は、伸びて子づるになるまえに摘み取ります。

整枝と誘引

植えつけから1週間ほどたつと茎が伸びて親づるになるので、ネットにまっすぐ添わせ、所々、麻ひもで結び留めて誘引します。3〜5節目のわき芽を摘み取り、それより上から出たわき芽は伸ばして子づるにします。子づるに雌花2つが咲いたら、その先にある葉を1枚残し、先端はカットして整枝します。オベリスクを利用する場合は、親づる、子づるともに、重ならないように巻きつけ、ところどころ麻ひもなどで誘引します。

摘心

張ったつるものネットやオベリスクの上部に親づるが届いたら、つるの先端を切って摘心します。また、3〜5節目までに雌花がついていたら、早めに摘花して、株の疲労を防ぎます。

 

親づるは、つるものネットの上部まで伸ばして摘心する。親づるの3~5節目のわき芽と雌花はすべて摘み取る。6節目より上のわき芽を伸ばして子づるとして育てる。子づるに雌花がふたつついたら、葉を1枚つけて子づるの先端を切り詰める。

剪定

必須の作業ではありませんが、もし7月下旬になっても葉が傷んでいなければ試してみましょう。葉がきれいでも株が疲労してくると曲がったキュウリができ始めます。こうなったら土の表面から30cmほどの高さで切り戻しましょう。色が濃く、しっかりした葉を残すようにするのがコツです。また、つるの途中で切っても構いません。剪定後はプランターを日陰に移動して養生し、追肥をしておきます。

収穫

収穫初期は、果実の長さが10~15cmになったら収穫します。

監修:野菜ソムリエ(ジュニア)  加藤 正明

練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」園主。 野菜ソムリエ(ジュニア)。 34歳まで民間企業に勤め、社会経験を積んだのち、家業の農業を継ぐ。 平成17年度に練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」を開園。 一般市民に野菜作りのノウハウを教えると同時に、野菜の美味しい食べ方も伝えている。 NHK趣味の園芸 やさいの時間 ミニコーナー「達人に学ぶ今月の管理作業」を担当。 著書に「加藤流 絶品野菜づくり」(万来舎)などがある。

きゅうり【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents