野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|たまねぎ【鉢植え】の育て方

農業体験農園「百匁の里」園主 加藤正明

たまねぎ【鉢植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

たまねぎ【鉢植え】写真

タマネギは、あらゆる料理に利用できるおなじみの常備野菜。冬越しさせて育てるので栽培期間は少々長めですが、収穫し甲斐のある野菜です。

使用するもの

  • ジョウロ
  • 園芸用ハサミ
  • 追肥用肥料(液体肥料「ベジフル液肥」など)
  • フォーク(食事用のものを専用に)

置き場所

風通しのよい日なたに置きましょう。

水やり

土の表面が白っぽく乾いたら、底穴から流れ出てくるまで、ジョウロでたっぷり株元へ水やりします。水やり回数の目安は以下です。9月〜10月 2日に1回、11月〜3月 5〜7日に1回、3月〜6月 2日に1回

肥料

植えつけから2週間後と、冬越しが終わりに近づく2月上旬、3月上旬に、株元に適量の粒状肥料を追肥します。

 

追肥は、2月上旬、3月上旬の2回行なう。株元の周辺に、肥料をパラパラとまいておく。

間引き・土寄せ

株元にときどき土寄せしておきます。さらに、株周りの土の表面を、フォークなどで軽くほぐしておくとよいでしょう。

摘花

4月ごろ、とう立ちといって、蕾がつく花茎が上がってきます。天候不順や極端な低温、冬越し中の肥料切れなどが原因です。タマネギの芯が固くなってしまうので、花茎はつけ根の5cmほど上で切っておきましょう。切った蕾つきの花茎は、天ぷらなどで食べられます。

防寒・冬越し

プランターは北風が当たらない南向きの軒下などに置き、乾かし気味に管理します。細い苗を植えたときや、霜が降りるような場所では、防虫ネットをかけるとよいでしょう。とう立ちするのも防げます。

収穫

5月中旬~6月中旬、葉が8割ほど倒れたら、根元を持って引き抜いて収穫します。晴天が続いて用土が乾いているときに作業するとよいでしょう。

監修:野菜ソムリエ(ジュニア)  加藤 正明

練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」園主。 野菜ソムリエ(ジュニア)。 34歳まで民間企業に勤め、社会経験を積んだのち、家業の農業を継ぐ。 平成17年度に練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」を開園。 一般市民に野菜作りのノウハウを教えると同時に、野菜の美味しい食べ方も伝えている。 NHK趣味の園芸 やさいの時間 ミニコーナー「達人に学ぶ今月の管理作業」を担当。 著書に「加藤流 絶品野菜づくり」(万来舎)などがある。

たまねぎ【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents