野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|なす【鉢植え】の育て方

農業体験農園「百匁の里」園主 加藤正明

なす【鉢植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

なす【鉢植え】写真

植えつけ後、1カ月程度から中秋までの長い期間、収穫できるありがたさが魅力。上手に管理すれば、ひとつの花も無駄にならないほど果実がつくので、収穫量に期待できます。

使用するもの

  • ジョウロ
  • 園芸用ハサミ
  • 支柱2本(本支柱用。高さ180cmぐらいのもの)
  • 追肥用肥料(液体肥料「マイガーデン液体肥料」、「ベジフル液肥」など)
  • フォーク(食事用のものを専用に)
  • 麻ひも、またはビニールタイ

置き場所

風通しのよい日なたに置きましょう。

水やり

土の表面が乾いたら、底穴から流れ出てくるまで、ジョウロでたっぷり株元へ水やりします。水やり回数の目安は以下です。5月〜6月 1日1回、7月〜9月中旬 1日1〜2回(そのほか、雨が降っていない夕方には、葉水も与える)

肥料

肥料を好むので、植えつけから1カ月後から、定期的に追肥を施します。

間引き・土寄せ

株元にときどき土寄せしておきます。さらに、株周りの土の表面を、フォークなどで軽くほぐしておくとよいでしょう。

支柱立て

植えつけから1カ月経ったら、仮支柱と同様に本支柱をクロスさせてプランターの土にさして立てます。茎に麻ひもなどをかけて、支柱に結び留めます。仮支柱は外しましょう。

 

主枝と側枝のどちらか1本を支柱に沿わせ、麻ひもなどで結び留める。

わき芽摘み

1番花の下の元気のよいわき芽を2つ残し、それ以外のわき芽はすべてつけ根から摘み取ります。

整枝と誘引

主枝とわき芽2本の合計3本の茎を伸ばして育てると、バランスがよくなります。また、収穫する果実より下のわき芽に花が咲いたら、1〜2枚葉を残して茎の先を切ります。こうすると日当たりと風通しがよくなり、実つきがふえます。傷んだ下葉は見つけ次第、つけ根から摘み取っておきましょう。

剪定

7月下旬、裏側が白っぽくガサガサしてきた茎は切り取ります。鮮やかな紫色の茎を残すようにしましょう。

同時期、株は暑さで疲労して実つきが悪くなるので、 茎を1/3〜1/2ほど切り戻してリフレッシュさせます。色の濃い茎を残すようにしましょう。また、剪定後はプランターを日陰に移動して養生し、追肥をしておきます。

収穫

 中長ナスは10~12cm、長ナスは25cmぐらいの長さになったら、ヘタの上を切って収穫します。

監修:野菜ソムリエ(ジュニア)  加藤 正明

練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」園主。 野菜ソムリエ(ジュニア)。 34歳まで民間企業に勤め、社会経験を積んだのち、家業の農業を継ぐ。 平成17年度に練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」を開園。 一般市民に野菜作りのノウハウを教えると同時に、野菜の美味しい食べ方も伝えている。 NHK趣味の園芸 やさいの時間 ミニコーナー「達人に学ぶ今月の管理作業」を担当。 著書に「加藤流 絶品野菜づくり」(万来舎)などがある。

なす【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents