野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|こまつな【鉢植え】の育て方

農業体験農園「百匁の里」園主 加藤正明

こまつな【鉢植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

こまつな【鉢植え】写真

煮物、炒め物、お浸しなど、さまざまな料理に利用できる代表的な青菜です。暑さ、寒さ、そして連作にも比較的強く、ほぼ周年栽培できるのも魅力。

使用するもの

  • タネ
  • 標準型プランター
  • 市販の「野菜の土」
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット(プランターに付属の鉢底ネットがない場合)
  • 移植ゴテ、または土入れ
  • 肥料(粒状肥料「マイガーデン粒状肥料」、「マイガーデンベジフル」などの元肥)
  • 支柱(まき溝用 50〜60cm)
  • 不織布
  • ジョウロ

植えつけ方

タネまき適期:関東地方以西 3月下旬~10月

①ププランターの6分目ほどまで、適量の肥料を混ぜた用土を入れ、水をたっぷり注ぎます。次に、縁から3~4cm下の位置まで、適量の肥料を混ぜた用土を入れ、また水を注ぎます。水が引いたら、手で平らにならします。

②①の表面に横にした支柱を押し当てて、まき溝を2本つけます。

③②のまき溝に1cmおきにタネをまき、溝の両側から土をつまんで寄せて覆土します。覆土したら軽く手で押さえておきましょう。

④表土に不織布をかぶせて、はす口をつけたジョウロでたっぷり水やりをします。

 

土の表面は手で平らにならす。支柱を押し当てて、10cmの間隔をあけて、深さ1cmほどのまき溝を2本つける。

監修:野菜ソムリエ(ジュニア)  加藤 正明

練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」園主。 野菜ソムリエ(ジュニア)。 34歳まで民間企業に勤め、社会経験を積んだのち、家業の農業を継ぐ。 平成17年度に練馬区農業体験「百匁(ひゃくめ)の里」を開園。 一般市民に野菜作りのノウハウを教えると同時に、野菜の美味しい食べ方も伝えている。 NHK趣味の園芸 やさいの時間 ミニコーナー「達人に学ぶ今月の管理作業」を担当。 著書に「加藤流 絶品野菜づくり」(万来舎)などがある。

こまつな【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents