野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|カンナの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

カンナを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

カンナ写真

 カンナは、南アメリカなどの熱帯アメリカを中心に自生している多年草です。草丈50cm程度の矮性品種から、1m以上になる品種などもあります。初夏から秋にかけて、赤やピンク、オレンジ色、黄、白などの花を咲かせます。また近年、カラフルな銅葉のカンナなども販売されています。  カンナはギリシア語で、湿地に生えるアシ(葦)のことを意味します。

植えつけ方

植えつけ

 水はけと水もちのよい、よく肥えた土を好みます。庭植えでは、深さ20cmほど穴を掘り、腐葉土や完熟牛ふん堆肥などを混ぜて埋め戻し、深さ5cmぐらいの位置に球根を植えつけます。

 鉢植えでは、水はけと水もちのバランスがよい培養土を用いて、浅く球根を植えつけましょう。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

カンナの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents