野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|ガイラルディア(テンニンギク)の育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

ガイラルディア(テンニンギク)の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ガイラルディア(テンニンギク)写真

 ガイラルディアは北アメリカ原産のキク科の植物です。和名では、多年草タイプは大天人菊(オオテンニンギク)、一年草タイプは天人菊(テンニンギク)と呼ばれています。  花色はオレンジ色や黄色で、一重咲きや八重咲きの品種があります。なかには筒状の花弁の先が割れて広がり、線香花火のような咲き方をする品種もあります。  まれに、花が咲かずに冬を越してしまうことがあります。

管理

水やり

 庭植えの場合は、植えつけ時にたっぷりと水やりします。その後も根が張るまでは、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。根がしっかり張ったら。水やりはほとんど必要ありません。

 鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやります。多湿を嫌うので、やや乾かし気味に育てましょう。

肥料

 庭植えの場合は、元肥として粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を、1m²当たり150gを土に混ぜて施します。

 鉢植えでは、用土1ℓ当たり5gの同様の肥料を、土の表面にばらまいて与えます。

 花がたくさん咲くので、しっかり追肥を施すことが大切です。液体肥料「マイガーデン液体肥料」、「花工場原液」を規定量に薄め、2週間に1回、水代わりに与えます。

置き場所

 日当たりのよい場所を好む植物です。日当たりが悪いとかなり徒長して、風で倒れてしまうこともあります。また、花も小さくなり花数も減るので、庭植えも鉢植えも、日当たりと風通しよい場所で管理します。

ふやし方

 ガイラルディアは、タネでふやすことができます。初夏から夏にかけて、丸い花がらが茶色に変わったら、花がらごと切り取って、紙袋に入れて干しておきます。その後、夏から秋のタネまき時期になったら、サヤからタネを取り出してまきます。

花がらつみ

 定期的に花がら摘みを行ないましょう。ガイラルディアは花が終わると花弁が落ち、その後に丸いトゲトゲの花がらが残ります。このサヤの中にタネが入っています。花がらを摘むとき、トゲトゲが手にささることがあります。特に原種に近い品種は、トゲが鋭いようです。花がらを摘む前に触ってみてトゲが痛いようであれば、手袋をして花がら摘みを行ないましょう。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

ガイラルディア(テンニンギク)の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents