野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|ニチニチソウの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

ニチニチソウを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

ニチニチソウ写真

ニチニチソウは、アフリカのマダガスカルが原産地といわれています。熱帯地方では多年草として扱われますが、日本では暑さに強い1年草として販売されています。庭植えにも、鉢植えにも適する、夏花壇の代表的な植物。花色は白、赤、薄紫などで、最近ではクリーム色の花も見られるようになりました。 茎を這うように伸ばす、枝垂れるタイプのツルニチニチソウは、別属の植物です。

植えつけ方

植えつけ

ニチニチソウの根は、真っ直ぐ根を伸ばす直根性です。

このタイプの植物は移植を嫌うので、苗を入手したら、根が回る前に花壇やコンテナに植えつけをすませましょう。植えつけの際、根鉢を崩さないことも大切です。用土は、水はけのよい土を選んでください。

なお、ニチニチソウをタネから育てる場合は、発芽に20~25℃ほどの温度が必要です。気温が低い時期にタネまきをしても発芽に時間がかかります。八重桜が散る頃にタネをまきましょう。タネは、光を感じると発芽しない性質をもつので、しっかり土をかけることがポイントです。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

ニチニチソウの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents