野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|ブルーベリー【鉢植え】の育て方

千葉大学 環境健康フィールド科学センター 助教 三輪正幸

ブルーベリー【鉢植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ブルーベリー【鉢植え】写真

ブルーベリーは人気ナンバー1の果樹ですが、「元気がない」、「枯れてしまった」というお悩みが多い果樹でもあります。植えつけの際の用土を間違えないようにし、夏の水切れに注意が必要です。

使用するもの

置き場所

春から秋は日当たりと風通しがよい場所に置きますが、夏に暑さで葉焼けを起こすようなら正午以降は日陰になる場所に移動させます。冬は-20〜7℃(ノーザンハイブッシュ)もしくは-10〜7℃(サザンハイブッシュ、ラビットアイ)の 場所に置きましょう。

水やり

鉢土を乾かさないようにたっぷりと水を与えます。特に夏に水切れしないように注意します。

肥料

2月に元肥、6月に追肥、10月に礼肥を施します。肥料は鉢土の全域に均一になるように施します。

人工授粉

ミツバチなどの昆虫が受粉するので必須の作業ではありませんが、毎年のように実つきが悪い場合は人工授粉を検討しましょう。花の構造上、雄しべが花弁に完全に隠れているので、り花弁をはぎ取って茶色の雄しべをむき出しにし、ほかの品種の雌花の雌しべの先端(花弁からはみ出た緑色の器官)にこすりつけます。1花で100花程度を受粉できます。

収穫

果実全体が青紫色に色づいたものから順次収穫します。完全に色づいた直後に酸味が残る品種については、完全着色から3日ほど経過して柔らかくなった果実を収穫すると酸味がマイルドになります。

剪定

[手順]

①ひこばえを間引く:株元周辺の地面から出る新しい枝、ひこばえが発生したら、混み合っている場合は間引いて適度に残します。残したひこばえは数年間経過すると結実するようになりますが、その周囲の古くて樹高も高くなった枝を株元で切ることで、枝を若返らせつつ、樹高を低く維持することができます。

②不要な枝を間引く:混み合った枝や枯れ枝、徒長した枝などの不要な枝をつけ根から間引きます。短い枝は翌年果実がつきやすいので優先的に残します。

③長い枝のみ、先端を1/3程度切り詰める:枝につく芽のうち、大きくて丸いのが花芽、小さくてとがっているのが葉芽です。翌年果実がつく枝が発生する花芽は、枝の先端付近にしかつかないので、すべての枝の先端を切り詰めると収穫できなくなるので注意が必要です。30cm以上の長い枝のみを選び、1/3程度を切り詰めて、翌年充実した枝を発生させます。30cmに満たない枝は翌年結実させるために切り詰めません。

 

①~③の手順に従って剪定する。
ひこばえを適度に残して数年間養成し、古い枝に更新させるのがポイント。

 

監修:千葉大学環境健康フィールド科学センター 助教 三輪 正幸

1981年岐阜県生まれ。千葉大学環境健康フィールド科学センター 助教。 専門は果樹園芸学。 教育研究に加え、「NHK趣味の園芸」の講師をつとめ、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。 著書「剪定もよくわかる おいしい果樹の育て方」、ほか監修書など多数。

ブルーベリー【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents