野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|いちじく【鉢植え】の育て方

監修:千葉大学 環境健康フィールド科学センター 助教 三輪正幸

いちじく【鉢植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

いちじく【鉢植え】写真

庭に植えると大木になりやすいイチジクも、鉢植えにすればコンパクトに仕立てることができます。病気が発生しにくく、摘果や袋かけなどの作業が不要で、比較的、作業の手間がかかりません。今回は開心自然形仕立ての解説をします。

使用するもの

  • 品種名が明記されたさし木苗
  • 苗木の根鉢より一回りほど大きな鉢。6~10号鉢程度(直径18~30cm)。
  • 市販の「果樹・花木用の土」→基本用土を配合する場合:「野菜用の土」と鹿沼土小粒を7:3で混合した用土
  • 鉢底石
  • 鉢底ネット
  • 土入れ、または移植ゴテ
  • 支柱(60cm程度)
  • ひも(麻ひも、紙ひもなど)
  • 肥料(用土に肥料が含まれていない場合。粒状肥料「マイガーデンベジフル」など)
  • ジョウロ

植えつけ方

[植えつけ]植えつけ適期:関東地方以西 11~3月
落葉期が植えつけの適期です。根が乾燥に弱いので、ポットや鉢から抜いたらなるべく早く植えつけましょう。

[仕立て]棒苗を植えつけて開心主幹形仕立てにする場合
植えつけ時:苗木を植えつけ、株元から25cm程度の高さで枝を切り詰め、枝の発生を促します。
植えつけ2年目の冬:発生した枝のうち、角度や充実度合いが適切な2~3本を選び、それ以外はつけ根で切り取ります。残した枝については先端を1/4程度切り詰めて、充実した枝の発生を促します。 植えつけ3年目以降の冬:剪定を参照してください。

株元付近からも枝を発生させるため、枝を切り詰める。
残した2~3本の枝は今後の骨格となる枝(主枝)となる。

 

監修:千葉大学環境健康フィールド科学センター 助教 三輪 正幸

1981年岐阜県生まれ。千葉大学環境健康フィールド科学センター 助教。 専門は果樹園芸学。 教育研究に加え、「NHK趣味の園芸」の講師をつとめ、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。 著書「剪定もよくわかる おいしい果樹の育て方」、ほか監修書など多数。

いちじく【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents