野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|キウイフルーツ【鉢植え】の育て方

千葉大学 環境健康フィールド科学センター 助教 三輪正幸

キウイフルーツ【鉢植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

キウイフルーツ【鉢植え】写真

キウイフルーツの果肉の色は、緑、黄、赤で信号機と同じ配色です。雌木と雄木をセットにして入手し、人工授粉するのが最大のポイント。つる性の枝をオベリスクなどに誘引して美しく仕立てましょう。

使用するもの

  • ジョウロ
  • 肥料(粒状肥料「マイガーデンベジフル」などの追肥)
  • 摘果バサミ
  • 剪定バサミ
  • リンゴとポリ袋(追熟用)

置き場所

春から秋は日当たりと風通しがよく、雨が直接当たらない場所に置くと病害虫が発生しにくいです。冬は-7〜7℃の場所に置きましょう。

水やり

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

肥料

2月に元肥、6月に追肥、10月に礼肥を施します。肥料は鉢土の全域に均一になるように施します。

人工授粉

雄木から雄花を摘み取り、雌花のめしべの先端(白いひげのような器官)にこすりつけます。1花で10花程度を受粉できます。

摘果

甘く大きな果実を収穫するために、6月ごろに果実を間引きます。目安としては、1果あたりの葉が5枚程度です(葉果比5)。葉が15枚程度ついている枝には3果程度ならせることができます。

収穫

基本的には樹上では果実は成熟しないので、色や硬さでは収穫適期を判断できません。そのため、時期を目安に一斉に収穫します。果肉が赤色の品種は10月下旬、黄色の品種は11月上旬、緑色の品種は11月下旬が目安です(関東地方基準)。果実を持ち上げてひねると収穫できます。

追熟

収穫時の果実は硬くて食べられないことが多いので、追熟させます。リンゴと一緒にポリ袋に入れて15~20℃程度の場所に放置すると6〜12日程度で食べられるようになります。

剪定

[手順]
①ひもを切り取る:誘引に使用したひもはすべて切り取ります。同じ場所で何年も固定して枝に食い込むのを防ぐのが目的です。剪定が終わったら③で新しいひもで固定します。
②長い枝は2〜3本に間引く:年を経るごとに枝が先端ばかりに集中して株元付近に枝が少なくなる性質があります。そのため、毎年の剪定では、発生した枝のうち、20cm以上の長い枝については株元に近い2〜3本を残してそれ以外はすべて切り落とし、株元からの枝の発生を促します。20cm未満の短い枝には、3年程度は結実しやすいので切らずに残します。
③ひもで固定する:新しいひもを使って枝をオベリスクに誘引します。針金などは枝に食い込むので控えます。

 

①〜③の手順に従って剪定する。
残した枝は均等になるように配置する。

 

監修:千葉大学環境健康フィールド科学センター 助教 三輪 正幸

1981年岐阜県生まれ。千葉大学環境健康フィールド科学センター 助教。 専門は果樹園芸学。 教育研究に加え、「NHK趣味の園芸」の講師をつとめ、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。 著書「剪定もよくわかる おいしい果樹の育て方」、ほか監修書など多数。

キウイフルーツ【鉢植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents