野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|プリムラ・ポリアンサスの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

プリムラ・ポリアンサスの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

プリムラ・ポリアンサス写真

プリムラ・ポリアンサは、プリムラ・ベリスとプリムラ・ブルガリスの交配によって生まれたと言われています。サクラソウ科プリムラ属の半耐寒性多年草です。花色は、白、ピンク、紫、青紫、黄色などがあり、花形には、一重咲きやフリル咲き、八重咲きなどがあります。最近では花弁がスパイラル状になるバラ咲きの品種なども出回るようになりました。

管理

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。冬の間は、やや乾燥気味に育てます。

肥料

植えつけ時、土に粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を均等に混ぜ込みます。さらに、液体肥料「花工場原液」の1,000倍液を1週間に1回施して追肥にします。

夏越しさせる場合は、暑さが厳しい時期には肥料は施しません。ヒガンバナが咲くころになってから、施肥を再開します。

置き場所

プリムラ・ポリアンサは、日当たりを好みます。比較的寒さに強い植物ですが、霜や雪で花、蕾を傷めることがあります。寒波や雪の予報が出ている日は、軒下などに鉢を移動して、花や蕾を保護します。また、プリムラ・ポリアンサは高温多湿に弱いので、温暖な地域での夏越しは難しい傾向にあります。

花がら摘み

花が咲き終わったら、花茎の付け根からハサミで切り取ります。また、枯れ葉も同様に取り除きましょう。タネががつくと、栄養がタネに回って、蕾があがりにくくなります。

タネまき

タネから育てる場合、ヤエザクラの花が散るころにタネをまきます。プリムラ・ポリアンサの育苗期間は、暑い時期になるため、できるだけ風通しのよい場所で管理し、寒冷紗などをかけて、直射日光をさけましょう。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

プリムラ・ポリアンサスの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents