野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|プルネラの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

プルネラの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

プルネラ写真

 プルネラは、北アメリカやヨーロッパなどに自生するシソ科の植物です。別名、セイヨウウツボクサと呼ばれます。日本にも、ウツボクサと呼ばれるプルネラの仲間が自生しており、セイヨウウツボクサに比べて草丈が高く、ヒョロヒョロとした印象です。プルネラは、寒さや暑さに強く、花壇やグラウンドカバープランツとして栽培されています。  プルネラは、初夏から夏に多くの花を咲かせます。

管理

水やり

 乾燥に弱いので、土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりしましょう。ただし、土が過湿気味になると、根腐れを起すことがあるので、注意してください。

肥料

 庭植え、鉢植えとも、植えつけ時に適量の粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を土に混ぜてから苗を植えつけます。葉の色が薄くなったら、液体肥料「花工場原液」の1,000倍液を、2週間に1回ほど施して追肥します。

置き場所

 プルネラは、日なたを好む植物です。夏の強い日ざしでも、元気に生育します。寒さにも強い植物です。

ふやし方

 プルネラは、さし木で簡単にふやすことができます。お気に入りの花色が咲いたら、是非、さし木でふやしてみましましょう。さし木の時期は、初夏にユリの花の咲く時期と、初秋から秋にかけて、ヒガンバナが咲く季節です。茎を2節ごとに切り揃え、切り口を30分ほど水につけてから、さし木用用土にさします。さす時、切り口に植物成長調整剤「ルートン」をまぶしておくと、発根が促されます。4週間ほどで、3号(直径9cm)ポットへ植え替えます。ポットに根がいっぱいに広がったら、花壇や好みの鉢に植えつけます。

 また、タネまきでもふやすことは可能です。タネまきは、ソメイヨシノが開花する頃から行います。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

プルネラの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents